Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

注目の試合 試合後のコメント

【2018-12-30】伊藤 雅雪 vs エフゲニー・チャプラコフ WBO世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ 詳報※試合結果&コメント追記

更新日:

2018年12月30日、WBO世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ

伊藤 雅雪Japan伴流) vs エフゲニー・チャプラコフRussiaロシア)の試合が行われます。

会場は東京、大田区総合体育館

この試合の模様はフジテレビ系列で全国に生中継される予定です。

試合結果

伊藤 雅雪Japan伴流) 7RTKO エフゲニー・チャプラコフRussiaロシア)×

序盤から中間距離でのワンツー、接近戦ではガードの上からの右の打ち下ろし、クリンチ際でも左右のボディー&フックと全ての距離で積極的に攻撃を仕掛ける伊藤選手。格の違いを見せつけます。

途中頭を突き出して突進してくるチャプラコフのバッティングに苦しめられ、カットもありましたが、4ラウンドから伊藤選手が距離をとるとチャプラコフは近づけず、カウンター狙いしか打つ手がなくなります。

5Rは一方的に攻め立て、もういつ倒すかの展開に。

チャプラコフも必死にクリンチで耐えしのぎますが、7Rの伊藤選手の猛攻でたまらずチャプラコフ側のセコンドがタオルを投げ、試合は終了。

伊藤選手のTKO勝利となり、WBO世界スーパー・フェザー級タイトル初防衛に成功しました。

メインを飾るにはふさわしいKO勝利でしたが、蓋を開けてみればあまりにも一方的な展開でしたね。

来年もこの階級のライバルに打ち勝って伊藤選手の防衛が続くことを期待したいです。

試合後のコメント

伊藤 雅雪選手のコメント

初防衛を達成して
「素直にうれしい。日本に凱旋してベルトを巻いているところを見せられてうれしい」
来年は?
「誰とでも戦っていく。僕には一撃必殺みたいなパンチもないし、井上尚弥くんみたいなスペシャルな選手にはまだまだなれないけど、ハートがある。僕にしかなれないチャンピオンになっていきたい」
サンスポ

エフゲニー・チャプラコフ選手のコメント

「コーチからの指示や試合前のプランを遂行できなかった」
サンスポ


[2018-12-29]計量の結果 ※スーパーフェザー級リミット130lbs(59.0kg)

両者ともにリミット以下でパス

伊藤 雅雪129.85 lbs(58.9 kg)
エフゲニー・チャプラコフ129.19 lbs(58.6 kg)

※1kg=2.20462ポンド、1ポンド=0.453592kg

伊藤 雅雪選手のコメント

[2018-12-29]前日計量後のコメント

<

blockquote>体調は?
「前夜であと200グラムだった。1週間ぐらいで減量もうまくいった。今までにないぐらいいい状態」
3日間行事が続いたが
「イベントも好きだし、テンションが上がっちゃう。調子に乗っちゃうので、抑えながら」
フェイスオフでの相手の印象は?
「目をそらす選手が多いけど、目を見てきた。気持ちも入っているようで、いい試合ができると思う」
日刊スポーツ

[2018-12-19]公開練習後のコメント

「自分が試合をコントロールする。誰が見ても勝ったと思える試合を見せたい」
サンスポ

>米国合宿について
「米国でやることはやってきた。つらかったがすごい収穫もあった」
>合宿ではジャブを磨き接近戦での戦い方の感覚をつかんだという
「ボクの空間を意識し、完成型が見えてきた」
>どんな試合になる?
「1回に様子見はしない。攻め続けてギブアップさせたい。年末はボクが締める」
日刊スポーツ

[2018-11-6]初防衛戦発表会見の際のコメント

>初防衛戦が日本での凱旋試合に決まり
「うれしいです。日本中にインパクトを与えたい。自分の実力を見せたい」
「常にKOを狙う姿を日本でみなさんに見てほしい。
もっともっと知ってほしい、こんなボクサーがいたんだと。平成最後に、印象付けられる試合を見せたい」
>米国でトレーニングすることについて
「あちらではボクシングだけに集中できる。向き合える時間が大事」
日刊スポーツ

エフゲニー・チャプラコフ選手のコメント

[2018-12-29]前日計量後

「キャリアの重要な試合に向けて肉体的にも精神的にも十分な準備ができた。
今は日曜が待ち遠しいよ。やる気は十分だ。
世界チャンピオンになるためにここに来た。
自分の考え通りに試合をすすめて何の波乱もなくベルトを獲りたい。」
wboboxing.com

[2018-12-28]最終記者会見にて

>いい準備ができた?
「(カリフォルニアでの)トレーニングキャンプはうまくいった。
キャンプの最初の方は部分的な動きを確認し、それからスパーリングを始めた。いつもそんな感じだ。
グリフィスパークをジョギングして回り、それぞれの動きの点検をコーチとともに行った。毎週末にはマッサージを受けたりサウナに入った。」
>チャンピオンの印象は?
「伊藤は良いファイターだ。世界チャンピオンだしリスペクトしているよ。」
>今の気持ちは?
「ここまで来るのに長かったようにも思えるが、もう目の前にある。
試合に向けていい準備ができた。試合に集中していいボクシングを見せるよ。
もちろん勝って世界チャンピオンになるつもりだ。」
ringsidereport.com

[2018-12-25]公開練習後

>合宿中に家族が増えた?
「写真と動画で見ただけで、まだ娘には会っていないんだ。妻からは『勝利を信じている』と言われている。ロシアに戻れないのは仕方ないと割り切っている」
>伊藤選手についての印象は?
「伊藤は素早く、優れた世界王者。最大限の努力をしたい。できればKOで勝ちたい。ベルトを自分の手に持ってロシアに帰りたい」
サンスポ


試合の見どころ

WBOスーパー・フェザー級王者の伊藤雅雪選手の初防衛戦が決まりました。

対戦相手はエフゲニー・チャプラコフRussiaロシア)。

ランキング1位の指名挑戦者です。

チャプラコフの戦績は20戦20勝(10KO)無敗。

6歳からボクシングを始めたチャプラコフは、アマチュアでは目立った成績は残っていないものの、21歳でプロデビューを果たすとロシアを主戦場に勝ち星を重ねてきました。

ここ数年はフィリピン人やアルゼンチン人、ウクライナ人やナミビア人など外国人選手との試合を経て世界ランキングを上げてきました。

今回が世界初挑戦となります。

身長は165cmで伊藤選手より9cm低く、体格差があります。

攻撃面では、ファイター型ですが前に出てプレッシャーをかけ続ける戦い方ではなく、中間距離で相手の出方を伺いながら、相手が前に出てくればカウンターから、出てこなければ自分からワンツーを放ち飛び込んで、接近距離での乱打戦に持ち込むのが主な攻撃スタイルです。

トリッキーな左右のフックも時折見せますが、直線的な攻撃が目立ち攻撃パターンが多いとは思えません。

しかし、一発一発のパンチが固く効きそうですね。

また、ラフそうに見える連打の中でもパンチの正確さがあり、多少打たれても耐えうる体のタフネスさがあるので、乱打戦には自信がありそうです。

ディフェンス面では、ガードを固めダッキングしながら相手の打ち終わりを待って反撃を開始するか、バックステップで距離をとるかのいずれかですね。

攻撃型の選手なので、ディフェンスはあまり得意ではないように見えます。

昨年12月のパブロ・マヌエル・オヘラ戦では、ダッキングしたところにボディーをまとめて打ち込まれ、以降、苦しい展開を強いられました。

技術では伊藤選手が圧倒的に上回り、序盤から中盤までは伊藤選手が優位に試合を運ぶと思われますが、チャプラコフが耐えて終盤、乱打戦に持ち込めばチャプラコフの逆転も考えられます。

1度もダウンしたことのないタフなチャプラコフをKOできれば、今後のビッグマッチの可能性もさらに高まります。

伊藤選手のKO勝利を期待したいですね。

両選手プロフィール

伊藤 雅雪 選手

伊藤 雅雪

  • 名前:Masayuki Ito
  • 出身地:Japan日本
  • 年齢:27歳
  • プロデビュー:2009年5月26日
  • 身長:174cm
  • 戦績:26戦、24勝(12KO)1敗(0KO)1引き分け
  • KO率:46%
  • スタイル:オーソドックス


E・チャプラコフ 選手

エフゲニー・チャプラコフ

  • 名前:Evgeny Chuprakov
  • 出身地:Russiaロシア
  • 年齢:28歳
  • ニックネーム:ハッピー・ギルモア(Happy Gilmore)
    ※アイスホッケーのコメディー映画「俺は飛ばし屋」の主人公名
  • プロデビュー:2011年12月1日
  • 身長:165cm
  • 戦績:20戦、20勝(10KO)0敗(0KO)
  • KO率:50%
  • スタイル:オーソドックス


(※画像はBoxRecから引用)



伊藤 雅雪選手の過去試合動画

[2018年7月28日] 直近の試合動画(WBOスーパー・フェザー級王座決定戦) vs クリストファー・ディアス戦

[2017年4月13日] WBOアジアパシフィック スーパー・フェザー級タイトル初防衛戦 vs ロレンツォ・ヴィラヌエバ(Philippinesフィリピン)戦

エフゲニー・チャプラコフ 選手の過去試合動画

ハイライト動画

[2017年12月15日] WBOインターコンチネンタル スーパー・フェザー級タイトル2度目の防衛戦 vs パブロ・マヌエル・オヘラ(Argentinaアルゼンチン)戦

[2018年7月14日] WBOインターコンチネンタル スーパー・フェザー級タイトル初防衛戦 vs エデン・ソンソナ(Philippinesフィリピン)戦

【2018-12-30】伊藤 雅雪 vs エフゲニー・チャプラコフ WBO世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ

2018年末ボクシング世界タイトルマッチまとめ

2018年末ボクシング世界タイトルマッチのまとめです。

こちらの記事も読まれています


-注目の試合, 試合後のコメント
-,

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.