Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

[1.19]デメトリアス・アンドラーデ vs アルツール・アカボフ

試合後のコメント

世紀のドリームマッチ!メイウェザーvsマクレガー【試合結果と試合後のコメント】

更新日:

2017年8月26日(日本時間27日)、元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー 対 UFC2階級王者コナー・マクレガーの対戦がラスベガスのTモバイルアリーナで行われました。

試合は、ボクシングルール、Sウェルター級の12回戦で行われ、結果はメイウェザーが10ラウンド1分5秒TKOで勝ち。

プロ50勝目を27回目のKOで飾りました。

試合後の両選手のコメント

メイウェザーのコメント

私は正面からパンチを当てにいくつもりだった。
距離をとってカウンターだけを狙うこともできたが、ファンの為に打ち合うことを選択した。

大きなショットでマクレガーを倒すつもりだった。
予想よりも時間がかかったが、確実にノックアウトを狙っていった。

21年間の間には、デッドヒートした試合も退屈な試合もあったが、私はいつも相手を分析し、ゲームプランに従ってきた。

マクレガーのパワーは強かった。
2年間のブランクについて「昔の強さはもうない」だの言われたが、それは違う。
でなければ試合を受けることもなかっただろう。

試合を見た人は私がマクレガーの頭を打ちのめし、倒すことができたことを理解しているだろう。
私も倒して終わりたかった。

マクレガーは多くのラビットパンチを打ってきた。
何度も後頭部をパンチされている。
それだけが心配した点だった。

マクレガーのコメント

序盤はパンチを出せて、自分のペースだったが、彼に脱帽だ。
あんなにパワフルでスピードがあるとは。

本当にすごいボクサーだ。
ラウンドを追うごとにパンチが強くなっていった。
さすがだ。50戦50勝の数字が物語るボクサーだと思う。
何も言えない。

しかし、接戦だったと思う。
首と顎にパンチを当てた。
(10Rについては)ダメージではなく疲労で足が止まっただけ。
できれば戦い続けたかった。

試合内容

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ
〇フロイド・メイウェザー 10RTKO コナー・マクレガー×

3Rまではマクレガーのパンチの軌道や動きを分析していたというメイウェザー。
4Rから攻勢に出ると、以降はマクレガーの体力の消耗もあり、明確にメイウェザー優位のラウンドが続きました。

9Rにはメイウェザーの連打にマクレガーは対応できなくなり、足をふらつかせタックルのようなクリンチでしのぐ苦しい展開に。
10Rには一方的に打たれてロープに追い込まれるとレフェリーがストップし、メイウェザーのTKO勝利となりました。

メイウェザーの2年間のブランク、マクレガーとの体格差やパワー、MMAとボクシングの間合いの違いなど、メイウェザーにとっても少なからぬリスクはあったはずですが、メイウェザーのプラン通りの結果となりました。

マクレガーも2Rまではメイウェザーの顎すれすれをかすめるような、あわやというアッパーもありました。
3Rには勝負に出てメイウェザーをロープ際に追いつめましたが、ことごとくかわされてしまいました。

プロモーションツアーでは盛り上げたマクレガーだったが…

7月11日からLA、トロント、ニューヨーク、ロンドンの世界4大都市を4日連続で回って行われた記者会見ツアーでは、双方マイクを通じてトラッシュトークのバトルを繰り広げました。
これも面白かった。(DAZNに記者会見ツアー全編のアーカイブがあります。)

マイクでは多くの観客を味方に付けたマクレガーが圧倒し(ラッパーみたいな貧乏くさい服着やがってとか、50centみたいに自己破産する気かこの脱税野郎とか、ペニス頭野郎とか、メイウェザーがディスられまくっていた)、番狂わせの期待も膨らみましたが、やはりボクシングではそうはいかなかった。

メイウェザーは4回の会見の冒頭で「ハードワーク!ハードワーク!労働者は何をしてるんだ?
と繰り返し叫んでしましたが、あれはどういう意味だったのか?

ろくに働かないイギリス人労働者を皮肉っていたのか、あるいは「イージーな試合で大金を稼がせてもらうぞ」、とでも言いたかったのか。

とにかく試合内容は、メイウェザーが言っていた通り、(特に4R以降は)メイウェザーがマクレガーを圧倒する展開となりました。

日本ではDAZN独自配信

今回この世紀のビッグマッチがテレビではなく、日本ではネット配信のみの放送となったことも事件でした。
これまでテレビではカバーしきれなかった世界各地のボクシングイベントが、今後はネットで見られるようになる日も近いのかも知れません。

メイウェザーはこの試合で再度引退を表明

記者会見ツアーでは、「MMAでマクレガーと再戦してもいい」といった発言もありましたが、再び金銭的な危機に陥らない限り、まずないでしょう。

メイウェザーは今後について以下のように発言しています。

我々はすべてのペイパービュー記録を破った。
メイウェザーvsパッキャオ戦の記録も破った。

しかし、もうリング上で私を見ることはないでしょう。
私はトレーナーであることを楽しんでいる。
ファイターをよりよくしたいと思っているし、彼らにリングの中と外でスーパースターになる方法を伝授したい。

今、とても気分がいい。
本当はリングに戻ってくる必要はなかった。

私は愚かではない。
ただ36分で350万ドルを稼ぐチャンスがあればそれをやるだけ。
しかしもう戻らない。

こちらの記事も読まれています


-試合後のコメント
-, ,

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.