Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

[1.19]デメトリアス・アンドラーデ vs アルツール・アカボフ

ボクシングのルール

ボクシングのルールは、管轄する団体や、アマチュアかプロの試合かによって異なる場合があります。

以下のルール違反は反則とみなされ、警告、ポイントの減点、またはレフェリーの判断で失格となることがあります。

ボクシングのルール

  • 相手のベルトの下を打ってはいけない。また、相手をつかんだり足をかけたり、蹴ったり、頭突きをしたり組み付いたり、噛んだり、唾を吐いたり、押してはいけない
  • 頭や肩、前腕部、ひじで相手を打ってはいけない
  • グローブを開いた状態や、グローブの内側、手首、手の甲、手の側面で打ってはいけない。
  • 相手の背中や後頭部、首の後ろ(ラビットパンチ)、腎臓部分(キドニーパンチ)を打ってはいけない
    ※つまり相手の体の前面で腰から上部分以外を打ってはならない。
  • ロープをつかみながら反動をつけてパンチを打ってはいけない。
  • 相手をつかむと同時に打ってはならない
  • 相手のベルトラインよりも低く頭を下げてはならない
  • レフェリーがクリンチの状態からブレイクを命じた際は、大きく後ろに下がらなければならない。
    ブレイク中に相手を打つのは「ヒッティング・オン・ザ・ブレイク」と呼ばれる反則となる
  • 体を休ませるためにマウスピースを吐き出してはいけない。
  • もし相手をノックダウンさせた場合、レフェリーがカウントを数えている間、最も遠いニュートラルコーナーで待機していなければならない。
  • もし相手が倒れた場合は、相手が立ち上がるまでは相手を打ってはいけない。
  • 倒れた場合は10カウント以内に立ち上がらなければならない。
    立ち上がることができなければKO負けとなる。
  • ノックダウンした場合は、たとえ何ラウンドでもベルに助けられることはない。ただしローカルルールで異なる場合がある。
  • 故意ではないローブローを打たれた場合、回復のために5分間の休憩が与えられる。もし、5分後に試合を続行できない場合はノックアウト負けとなる
  • 反則行為でけがをした場合は即座に試合終了となる。反則行為を行ったものは資格をはく奪される。
  • もし反則行為による負傷があっても試合が続行となる場合、レフェリーは反則で相手にけがをさせた選手から2ポイント減点することをジャッジに命じる。
  • もし意図しない反則で試合がストップした場合は、4ラウンドまで終了していなければ無効試合となる(4ラウンド制の場合は3ラウンドまで終了していなければ無効試合となる)。
    4ラウンドまで終了していれば、ジャッジのスコアカードが集計され、合計ポイントにより「負傷判定」(テクニカル・デシジョン)が適用される。
    両者の合計ポイントが同じ場合は「負傷引き分け」(テクニカルドロー)となる。
  • もしボクサーがノックアウトされてリングから落ちた場合は、カウント20の間にリングに戻り足を付いていなければならない。その際に誰かの補助を受けてはならない。
  • 管轄区域によっては、スタンディング8カウントやスリー・ノックダウン制が採用される場合がある。また、レフェリーのみに試合をストップできる権限が与えられる場合もある。

参照:Boxrec「Rules of Boxing

まとめ

いかがでしたか?実は世界のトップレベルの試合でも上記のルールが守られていないことが多いんですよね(赤文字部分)。

特にローブローラビットパンチ頭突きはよく目にします。そもそもクリンチで相手を押し込むのは反則なんです。

しかもろくに注意しないレフェリーも多いですね。

それはともかく、

試合の判定結果に納得いかない場合、上記のルールの観点から見直してみると、結果が違って見えるかもしれません。

How to Score Boxing ... Legal vs Illegal ... Pure vs Slick ... Precise Presenter

こちらの記事も読まれています


更新日:

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.