注目の試合 試合予定

ボクシング世界戦予定[2020.2.10~2020.4.26]

2020年2月10日現在、これからの世界戦のスケジュールをまとめました。

世界タイトルマッチ一覧

2020年2月15日(土)

IBF世界スーパー・ミドル級タイトルマッチ

カレブ・プラント
USA Caleb Plant

19勝0敗

 vs 

会場:ブリヂストン・アリーナ(アメリカ、テネシー州、ナッシュビル)
2020年2月22日(土)

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ

デオンテイ・ワイルダー
USA Deontay Wilder

42勝0敗1分

 vs 
タイソン・フューリー
GreatBritain Tyson Fury

29勝0敗1分

468841-479205

会場:MGMグランド(アメリカ、ネバダ州、ラスベガス)

WBO世界スーパー・バンタム級タイトルマッチ

エマニュエル・ナバレッテ
Mexico Emanuel Navarrete

30勝1敗

 vs 
ジョー・サンティシマ
Philippines Jeo Santisima

19勝2敗

602423-661326

会場:MGMグランド(アメリカ、ネバダ州、ラスベガス)
2020年2月29日(土)

WBA世界スーパー・フライ級タイトルマッチ

カリド・ヤファイ
GreatBritain Khalid Yafai

26勝0敗

 vs 
ローマン・ゴンザレス
Nicaraguan Roman Gonzalez

48勝2敗

613018-319725

会場:フォード・センター・アット・ザ・スター(アメリカ、テキサス州、フリスコ)

WBC世界フライ級タイトルマッチ

フリオ・セザール・マルティネス
Mexico Julio Cesar Martinez

15勝1敗

 vs 
ジェイ・ハリス
GreatBritain Jay Harris

17勝0敗

751478-658437

会場:フォード・センター・アット・ザ・スター(アメリカ、テキサス州、フリスコ)
2020年3月7日(土)

WBOGlobal スーパー・ライト級タイトルマッチ

リアム・パロ
Australia Liam Paro

18勝0敗

 vs 
ジェームズ・チェレジ
Romania James Chereji

17勝0敗

749212-651064

会場:ザ・スター(オーストラリア、クイーンズランド州、ゴールド・コースト)

WBO世界女子スーパー・フェザー級タイトルマッチ

エワ・ブルドニカ
Poland Ewa Brodnicka

18勝0敗

 vs 
ジェミラ・ゴンタラック
Belgium Djemilla Gontaruk

16勝6敗2分

643501-606651

会場:ポーランド、ジェルジョニュフ
2020年3月14日(土)

WBO世界フェザー級タイトルマッチ

 vs 
ミゲール・マリアガ
Columbia Miguel Marriaga

29勝3敗

790719-501289

会場:マディソン・スクエア・ガーデン・シアター(アメリカ、ニューヨーク州、ニューヨーク)
2020年3月21日(土)

IBF世界クルーザー級タイトルマッチ

ユニエル・ドルティコス
Cuba Yuniel Dorticos

24勝1敗

 vs 
マイリス・ブリーディス
Latvia Mairis Briedis

26勝1敗

507154-514537

会場:アリーナ・リガ(ラトビア、リガ)
2020年3月27日(金)

WBA世界ライト級暫定王座決定戦

フランチェスコ・パテラ
Belgium Francesco Patera

23勝3敗

 vs 
デヴィス・ボシェーロ
Italy Devis Boschiero

48勝6敗2分

625357-288588

会場:パラオリンピア(イタリア、ベネト州、ベローナ)
2020年3月28日(土)

WBC世界ライト・ヘビー級タイトルマッチ
IBF世界ライト・ヘビー級タイトルマッチ

アルツール・ベテルビエフ
Russia Artur Beterbiev

15勝0敗

 vs 
孟繁龍
China Fanlong Meng

16勝0敗

646981-707917

会場:センター・ビデオトロン(カナダ、ケベック州、ケベック・シティー)

IBO世界スーパー・ミドル級王座決定戦

エフゲニー・シュヴェデンコ
Russia Evgeny Shvedenko

13勝0敗

 vs 
ローワン・キャンベル
SouthAfrica Rowan Campbell

12勝0敗

737983-781631

会場:ドイツ

WBA世界ライト・ヘビー級暫定王座決定戦
IBO世界ライト・ヘビー級タイトルマッチ

ドミニク・ボセル
Germany Dominic Boesel

30勝1敗

 vs 
未定
TBA553831-781631

会場:GETECアリーナ(ドイツ、ザクセン・アンハルト州、マクデブルク)
2020年4月11日(土)

WBA世界ウェルター級暫定王座決定戦

ジャマル・ジェームス
USA Jamal James

26勝1敗

 vs 
トーマス・デュロム
PuertoRico Thomas Dulorme

25勝3敗1分

534798-462637

会場:アーモリー(アメリカ、ミネソタ州、ミネアポリス)
2020年4月18日(土)

WBA世界女子スーパー・フライ級タイトルマッチ

ダニエラ・アセンホ
Chile Daniela Asenjo

11勝3敗2分

 vs 
マリベル・ラミレス
Mexico Maribel Ramirez

13勝9敗2分

630987-503532

会場:チリ、サン・フランシスコ・デ・モスタサル、グラン・アリーナ・モンティセロ
2020年4月25日(土)

WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ
IBF世界バンタム級タイトルマッチ
WBO世界バンタム級タイトルマッチ

井上 尚弥
Japan Naoya Inoue

19勝0敗

 vs 
ジョン・リエル・カシメロ
Philippines John Riel Casimero

29勝4敗

628407-421916

会場:マンダレー・ベイ・リゾート&カジノ(アメリカ、ネバダ州、ラスベガス)
2020年4月26日(日)

IBO世界ミニマム級タイトルマッチ

エンコシナシ・ジョイ
SouthAfrica Nkosinathi Joyi

29勝5敗1分

 vs 
アヤンダ・ヌドゥラニ
SouthAfrica Ayanda Ndulani

10勝2敗1分

107795-731524

会場:南アフリカ

トピックス

2020年2月15日

IBFスーパー・ミドル級王者のカレブ・プラントが2度目の防衛戦を迎えます。
挑戦者はランキング3位のヴィンセント・ファイゲンブッツ

昨年7月のマイク・リー戦との初防衛戦では久々のKO勝利で決めたプラントですが、更なる進化を見せてくれるでしょうか!?

2020年2月22日

デオンテイ・ワイルダー vs タイソン・ヒューリーの再戦が決定しました。
初戦が行われた2018年12月1日から約1年4カ月ぶりの再戦となります。

初戦では持ち前のフットワークとボディーワークでワイルダーを空転させ、ジャブでポイントを稼ぎながら試合を優位に進めたヒューリー。
しかし疲れてきた後半につかまり、9ラウンドと12ラウンドにはダウンを喫してポイントで並びドロー判定となりました。
特に12ラウンドには、ワイルダーのフルスイングの右左の連打をもろに受けて仰向けに倒れ、カウント5まで伸びていましたが、むくりと立ち上がると試合終了までボクシングを続け判定に持ち込むという驚異的な打たれ強さを見せました。

いまだに、この試合がワイルダー唯一の判定勝利です。再戦ではKO決着なるでしょうか!?

なお、アンダーカードではWBOスーパー・バンタム級王者のエマニュエル・ナバレッテがランキング4位のジョー・サンティシマ5度目の防衛戦を行います。
井上尚弥選手との将来の対戦も噂されるナバレッテは、注目度の高いイベントでどのようなパフォーマンスを見せるでしょうか?
また、フィリピン出身のサンティシマは昨年9月のナバレッテ3度目の防衛戦に挑戦した同郷のファン・ミゲル・エロルデの雪辱を晴らすことができるでしょうか!?

2020年2月29日

昨年末、日本のリングでフィリピンの中堅選手を2ラウンドKOで下し、1年3カ月ぶりの復帰戦を勝利で飾ったローマン・ゴンザレスが、WBAチャンピオンのカリッド・ヤファイに挑戦します。
ヤファイは6度目の防衛戦。
会場がアメリカなので判定の不利はなさそうですが、Sフライ級の現王者の中でもトップクラスの実力者ヤファイを相手に、ロマゴンは再び王者に返り咲くことはできるでしょうか?

同イベントでは、前王者のクリストファー・ロサレスを滅多打ちにして初の世界タイトルを獲得したフリオ・セザール・マルティネスがWBCタイトル初防衛戦を迎えます。
挑戦者はランキング7位17戦全勝のジェイ・ハリスです。マルチネスの実力やいかに!

2020年3月21日

WBSSシーズン2のクルーザー級トーナメント決勝の日程がついに決まりました。
問題のあった準決勝の判定は結局覆らず、ユニエル・ドルティコスと決勝を競うのはマイリス・ブリーディスとなりました。
決勝の会場はラトビアのリガに決まり、ブリーディス優勝の舞台は整えられましたが、アップセットはなるでしょうか!?

2020年3月28日(土)

カネロ・アルバレスや40戦全勝のギルバート・ラミレスらが階級を上げ、今年益々注目度の高まるライト・ヘビー級。
その中でも実力者で、昨年10月には技巧派のWBCチャンピオン、オレクサンドル・グォジクとの統一戦を制したアルツール・ベテルビエフが統一王者として初防衛戦(IBFタイトルは4度目の防衛戦)を迎えます。

挑戦者はWBCランキング15位のメン・ファンロン
ファンロンはロンドン五輪の同級出場者で2015年にプロ転向。
アメリカを拠点に戦い16連勝中です。中国の重量級やいかに!?

2020年4月25日(土)

ついに日程が正式に決定しました!
WBAスーパー・IBFバンタム級チャンピオンの井上尚弥選手が、WBOチャンピオンのジョン・リエル・カシメロとの統一戦をアメリカはラスベガスで行います。

世界各地で試合を行い、何度も番狂わせを起こしてきたイケイケのカシメロに対し、井上尚弥選手はどのような戦いを見せるでしょうか!?
カシメロは前回のゾラニ・テテ戦を含め5戦連続KO中。勝負度胸も井上選手に引けを取りません。
アグレッシブな戦いが期待できそうです。

井岡一翔vsジェイビエール・シントロン
ボクシング 日本開催のタイトル戦予定 [2019.12.30~2019.2.13]


こちらの記事も読まれています


-注目の試合, 試合予定

Copyright© Boxing アンテナ , 2020 All Rights Reserved.