Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

スタンディング・エイト・カウント


プロテクション・カウントとも言われる。
クリーンヒットを浴びた選手のダメージが重いとレフェリーが判断した場合、レフェリーは試合を止めてカウント8まで数える。
カウントをする間、レフェリーは選手が試合続行可能かを判断する。
8カウント後に選手の足元がふらついているなど、ダメージが重いと判断できる場合は、レフェリーは試合を終了し、ダメージを負った選手はTKO負けとなる。

英語:standing eight count



ボクシング用語辞典(50音順)目次へ



こちらの記事も読まれています


-

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.