Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

話題

ついにフロイド・メイウェザーJrが引退を撤回!6月にUFC王者コナー・マクレガーとの対戦を要望

更新日:

なんと元パウンド・フォー・パウンドチャンピオン、フロイド・メイウェザー・JrFloyd Mayweather JrUSA)が復帰の表明をしました!

現UFC2階級王者コナー・マクレガーConor McGregorIreland)と対戦する一試合のみの復帰ということです。
まだ具体的なルールは何も決まっていません。

以前からSNS上でF・メイウェザーとC・マクレガーの双方から対戦を望むような発言は出ていました。
しかし、メイウェザーは引退試合となった2015年9月のアンドレ・ベルト戦から1年半以上のブランクがあることや、
UFCのダナ・ホワイト代表がUFCのスターであるマクレガーがボクシングに転身することを望んでいないことから、試合が実現することはないだろうと思われましたが、
メイウェザーが自身のファンイベント「Undefeated Tour」中に公に表明したことで実現可能性がググッと高まってきました。

フロイド・メイウェザーのインタビュー内容

WBNのインタビューではF・メイウェザーは独特の言い回しを使って、このスーパーファイトの実現に前向きであることを述べています。

「俺がアルツロ・ガッティ(Arturo GattiItaly/当時人気のあったイタリア出身のボクサー)と対戦したとき、ガッティはAサイドで、俺はBサイドだった。
俺は文句も言わず戦い、ガッティを打ち負かした。

オスカー・デ・ラ・ホーヤ(Oscar De La HoyaMexico)と試合が組まれた時もデ・ラ・ホーヤはAサイドで俺はBサイドだったが、泣き言も文句も言わずに戦い、彼を打ち負かした。
そして俺は以降Aサイドに立つことになった。

そして今、コナー・マクレガーはどうだ?
もう金のことで文句を言ったり、余計な逃げ口上を言うのを聞きたくない。

俺は公式に引退した身で、この一戦、コナー・マクレガーと対戦するためだけに復帰してやるんだから。
さっさと6月に俺と戦えるようにUFCと書類をまとめろ!
単純明快な話だ。

試合したいというならサインしてやろう。6月に戦おうじゃないか。
しかしいいか、お前はBサイドで俺がAサイドだ。」
(WBNから引用)

このメイウェザーの発言からすると、試合はボクシングルールで行われることになりそうです。
もし実現すればメイウェザーにとってプロ50戦目となる試合。負ければ無敗記録に傷がつきます。
マクレガーにとってもこれ以上ないビッグマッチとなるでしょう。

2月8日に公開されたコナー・マクレガーのボクシング・スパーリング

ボクシングや他の格闘技から転向するのでなく、マクレガーのようなMMA生え抜きのスターが生れるようになり、
MMAがボクシング界に影響を与える時代になりつつありますね。
このビッグマッチが実現すればエポック・メイキングな試合になるかもしれません。

具体的なスケジュールやルールが決まったら、順次このページに追記していきます。

世紀のドリームマッチ!メイウェザーvsマクレガー【試合結果と試合後のコメント】

こちらの記事も読まれています


 

-話題
-,

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.