Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

注目の試合 試合後のコメント

[2018年5月20日]IBF・WBAスーパー世界Lフライ級タイトルマッチ 田口良一 vs ヘッキー・ブドラー 詳細情報(試合結果&試合後のコメント追記)

2018年5月20日(日)、IBF・WBAスーパー世界ライト・フライ級タイトルマッチ
田口 良一Japanワタナベ) vs ヘッキー・ブドラーSouthAfrica南アフリカ)の試合が行われます。

会場は大田区総合体育館。

この試合の模様はTBSで生中継されます。
※関東ローカルのみとなりました。
オンデマンド中継もありません。
地方在住者はネット情報に期待するしかないですね。
IBF、WBAスーパータイトルの統一王者である田口良一選手が、日本人史上初の統一王者としての初防衛戦を迎えます。
(IBFタイトルは初防衛戦、WBAタイトルは8度目の防衛戦)

試合結果

ヘッキー・ブドラーSouthAfrica南ア) 判定3-0 田口良一Japanワタナベ)×
※114-113、114-113、114-113

スロー・スターターの田口に対し、序盤から積極的に前に出て連打を出すブドラー。

3Rにはブドラーのパンチを受けて田口が鼻から出血。

それでも田口は中盤以降、ブドラーに右ストレートをヒットさせるなど攻勢に出て主導権を取りにいくが、ダメージを受けつつも手数の減らないブドラーに苦戦して仕留めきれず。

最終12Rには左フックがブドラーのあごにヒットし、ダウンを奪ったかに見えたがレフリーはスリップと判断した。

試合後、最終回のスリップがダウンに変更されたものの、田口は序盤の劣勢を跳ね返せずに3者一致(113-114)の判定負けを喫し、王座陥落となった。

試合後のコメント

ヘッキー・ブドラー 選手のコメント

--田口選手について--
「公正な判定をしてもらった。5回くらいまで、いいパンチを出せていた。(田口は)想像よりも強かった」
--12Rに倒された場面がスリップからダウンに変更されたことについて--
「ボクシングなので、後で変わることはある」
(サンスポ)

田口 良一 選手のコメント

「残念の一言。もう少し最初からジャブを打って先手を取りたかったが、逆に先手を取られた。
思うように体が動かなかった。
もう少し早く(反撃)できればよかった」
(サンスポ)

--試合結果について--
「負けていると思った。もうちょっとできたと思うが、負けを受け入れる」
--ブドラー選手について--
「(先手をとるつもりだったが)逆にペースを握られた。
ブドラーは老かいなテクニシャンでペース配分も埋まった。
やはり実力者だった」
(日刊スポーツ)



試合前のコメント

田口 良一 選手のコメント

「リスクはあるが、評価も上がる。統一王者として今まで以上に注目されると思うので、何としても8度目の防衛を成功させたい」
(日刊スポーツ)

2018年5月20日 公開練習後のコメント

「落ち着いていい状態に持っていける。勝ちたい気持ちが強い」
「相手は足を使うのでロープに詰める練習をしてきた。しつこくジャブを出して相手の思うようにやらせない」
(サンスポ)

ヘッキー・ブドラー 選手のコメント

2018年5月13日 日本へ出発する直前のコメント

「田口は強く、体格も私より大きく、ハードパンチャーだが、この強敵に打ち勝つための準備は出来ている。」
SundayWorld

2018年5月15日 日本到着直後のコメント

「WBAとIBFの統一王者である田口に挑戦する機会を与えられて非常に名誉に感じている。
田口はこの階級でベストだと思う。
田口との戦いは、私のボクシングキャリアの中でも最もタフな戦いになるだろう。
私は田口よりも強い気持ちを持ってリングの中で戦う!」
NotiFight

試合のみどころ

対戦相手は元WBAミニマム級世界王者で、現在IBFランキング6位のヘッキ・ブドラー

IBFによる指名挑戦者です。

ブドラーは、昨年9月にミラン・メリンドと激闘を繰り広げ、1-2の僅差の判定で敗れたものの拮抗した試合内容でした。

試合後、メリンドが試合途中にカットした10ラウンドの後、ラウンド間の休憩時間に追加して更に1分間の回復時間をメリンドに11、12ラウンドと与えたことに対してブドラー陣営が抗議し、当初IBFはメリンドに再戦を命じていました。

しかし、メリンドが田口選手との統一戦を優先したため、田口vsメリンドの勝者とブドラーが挑戦するという合意がブドラー陣営とIBFとの間で交わされてたという経緯があります。

髪型が表すようにイケイケで攻撃的なスタイルなので、メリンド戦同様に激しい試合になりそうです。

なお、この試合の勝者にはリングマガジンベルトが授与されることになっています。

両選手プロフィール

田口 良一 選手のプロフィール

  • 名前:Ryoichi Taguchi
  • 出身地:Japan日本
  • 年齢:31歳
  • 階級:ライト・フライ級
  • プロデビュー:2006年7月19日
  • 身長:168cm
  • リーチ:171cm
  • 戦績:31戦、27勝(12KO)2敗(0KO)2引き分け
  • KO率:39%
  • スタイル:オーソドックス

ヘッキー・ブドラー 選手のプロフィール

  • 名前:Hekkie Budler
  • 出身地:SouthAfrica南アフリカ
  • 年齢:29歳
  • 階級:ライト・フライ級
  • ニックネーム:(The Hexecutioner)
  • プロデビュー:2007年7月5日
  • 身長:160cm
  • リーチ:165cm
  • 戦績:34戦、31勝(10KO)3敗(0KO)
  • KO率:29%
  • スタイル:オーソドックス

(※画像はBoxRecから引用)

日本へ発つ前の最後のスパーリングを終えたブドラー

田口 良一選手の過去試合動画

[2017年12月31日] 直近の試合動画(IBF・WBAスーパー世界ライト・フライ級タイトルマッチ) vs ミラン・メリンド戦

ヘッキー・ブドラー選手の過去試合動画

[2017年9月16日] 直近の試合動画(IBF世界ライト・フライ級タイトルマッチ) vs ミラン・メリンド戦

岩佐vsタパレス
ボクシング世界戦予定[2019.11.27~2020.2.22]

2019年11月26日現在、これからの世界戦のスケジュールをまとめました。

こちらの記事も読まれています


-注目の試合, 試合後のコメント
-,

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.