Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

注目の試合 試合後のコメント

[2018年5月25日]WBC世界ライト・フライ級タイトルマッチ 寺地 拳四朗 vs ガニガン・ロペス 詳細情報(試合結果&試合後のコメント追記)

2018年5月25日(金)、WBC世界ライト・フライ級タイトルマッチ
寺地 拳四朗JapanB.M.B) vs ガニガン・ロペス(Ganigan Lopez/Mexicoメキシコ)の試合が行われます。

会場は東京、大田区総合体育館

2018年5月25日(金)当日、フジテレビ系列で19時57分から生中継されます。
※関西地域では野球中継後の21時から放送されます。
拳四郎選手の試合はダイジェストが放送されるようです。その後に井上選手の試合がライブ中継されます。
※野球中継に延長はありません。

試合結果

寺地 拳四朗JapanB.M.B) 2R KO ガニガン・ロペスMexicoメキシコ)×

1Rは両者慎重な立ち上がりで、ジャブの指し合い&フェイントの掛け合いで終わりましたが、

2Rになると、拳四郎選手の右がロペスの顔面をとらえ始めます。

ロペスも大ぶりの左を放ち反撃しますが、拳四郎選手はひらりとかわします。

今度は、サウスポーのロペスに対し、拳四郎選手の右ボディが1発ヒット。

更に追い打ちの右ボディーがクリーンヒットするとロペスがダウン。

ロペスは10カウント中に立ち上がることができず、拳四郎選手のKO勝ちとなりました。

試合後のコメント

寺地 拳四朗のコメント

--一年前の相手ガニガン・ロペスに対し、どんな思いで臨んだのか?--
「最初の1ラウンドは緊張感がありましたが、自分の距離がとれていたので、いけるかなと感じました。」

--次回(4度目の防衛戦)に向けて一言--
「みなさん今日は応援ありがとうございました。
今日はこんなに早く試合が終わるとは思ってなかったんですけど、うれしいです。
もうちょっと見たいという方は、また次回かっこいいところを見せるので、これからも会場に来て応援をよろしくお願いします。」
(フジテレビ)

ガニガン・ロペス選手のコメント

--試合内容について--
「早い段階で終わって落ち込んでいる」

--拳四朗のパンチについて--
「少しパワーが増したように思う」

--再々戦について--
「そのチャンスが来るのは難しいが、待ちたい。
現役は続ける」
(サンスポ)

試合の見どころ

拳四郎選手の3度目の防衛戦は、初の世界タイトルを獲得した相手、元王者ガニガン・ロペスとの再戦です。

ロペスは現在ランキング1位、WBCの指名挑戦者です。

初戦は採点が2-1と割れた接戦でした。

初防衛戦のペドロ・ゲバラ戦も接戦の判定でしたが、前回の2度目の防衛戦では挑戦者のペドロサを圧倒し4回KO。

チャンピオンになり初のKO勝利を上げました。

手ごわいロペス相手に連続KO勝利を期待したいです。

2018-5-24 前日計量

拳四郎選手、ロペス選手ともに48.7kg(117.5lbs)で無事計量をパス。
※ライトフライ級のリミットは49kg(108lbs)

計量後、8万円の高級和牛握り寿司に舌鼓をうつ拳四郎選手

両選手のコメント

拳四朗 選手のコメント

--試合に向けての意気込みは?--
「ロペスをKOで倒したい。KO以外は求めていない。」

--フィリピンでのトレーニングについて--
「フィリピンにはロペスのようなサウスポーの優れた選手がたくさんいる。

クリス・アルファンテはロペスと体形もファイト・スタイルもよく似ている。」

※アルファンテの他に、ロバート・オンゴカンや、元世界タイトル挑戦者のジョナサン・タコニングと一緒にトレーニングをしている。

--統一戦の予定は?--
「統一に向けて急いではいない。

ロペスとの指名試合を防衛したら、2試合ほど防衛戦を行うつもりだ。

その後、統一に向けて話し合いたいと思う。」
realfight.ph

「サウスポーで多少やりにくいが、2回目なので今度はバッチリ倒したい」

「比嘉選手みたいに倒したい。8回ぐらいに倒してダブルピースで決めたい。」
(スポニチAnnex)

ガニガン・ロペス選手のコメント

2018-5-21 公開練習後のコメント

「拳四郎に負け世界タイトルを失ってから、ずっと世界戦での再戦を待っていたが、ついにその日が近づいてきた。
全ラウンドを通して常に強硬にかつ慎重に戦い、タイトルを取り戻したい。」
NotiFight

2018-5-18 日本到着時のコメント

「身体のコンディションは何の問題もない。好調だ。
明日試合してもいいくらいだ。
私は何回か拳四郎との初戦のビデオを見直したが、間違いなく私が勝っていた。
今回はもっと明確に打ち倒す必要があるだろう。」
NotiFight

以前のコメント

--日程が変更したことについて--
「日程が1か月以上変更となったが、その分入念に準備ができる。

これまで2か月間準備を続けてきて最終段階にあるが、まだまだハードワークを継続し、特に技術面で磨きをかけるつもりだ。」

--再戦に向けての意気込みは?--
「我々は日本でタイトルを獲得するというゴールを目指している。

既に一度は達成できたゴールだ。もう一度できる自信がある。

ハードな練習をして目標を達成し、再びマウリシオ・スライマン(WBCの現会長)からチャンピオンベルトを受け取りたい。」

--拳四郎選手について--
「既に互いを知っている。

しかし、今度は前と同じ試合内容にはならない。

彼(拳四郎)が自分のスタイルを変えることはないだろう。

毎日ジムで、彼を攻略するための綿密なリハーサルを繰り返しているよ。」
elarsenal.net

--クレンブテロール肉問題について--
「クレンブテロールの件はデリケートな問題だ。

我々は今後も肉を消費し続ける。

トレーニングが終わった後に肉を食べることもよくある。

試合に向けて準備しているときも量は減るが肉を食べる。

普段食べている肉にクレンブテロールが入っているか本当のところは分からない。

普段肉を買う店でも信用できない。

特に試合に向けて準備している最中はかなり気にかかる問題だ。

もし検出されれば、我々はチーター(cheater=卑怯者)と言われるだろう。

たとえ意図的じゃなくても。」

--試合が延期したことについて--
「我々は1月からすでに準備を始めている。

しかし日程が変更となったことで準備のプランを変更した。

すこし休んで体調を整え、体力強化に取り組む予定だ。」
esto.com.mx

両選手プロフィール

寺地 拳四朗 選手のプロフィール

  • 名前:Ken Shiro
  • 出身地:Japan日本
  • 年齢:26歳
  • 階級:ライト・フライ級
  • プロデビュー:2014年8月3日
  • 身長:164cm
  • リーチ:164cm
  • 戦績:12戦、12勝(6KO)0敗(0KO)
  • KO率:50%
  • スタイル:オーソドックス

フィリピンのエロルデ(Elorde)ジムで合宿を行う拳四郎選手

ガニガン・ロペス 選手のプロフィール

  • 名前:Ganigan Lopez
  • 出身地:Mexicoメキシコ
  • 年齢:36歳
  • 階級:ライト・フライ級
  • ニックネーム:(El Maravilla)
  • プロデビュー:2003年8月7日
  • 身長:165cm
  • リーチ:166cm
  • 戦績:36戦、29勝(18KO)7敗(1KO)
  • KO率:50%
  • スタイル:サウスポー

(※画像はBoxRecから引用)

過去試合動画

[2017年5月20日] ガニガン・ロペス vs 拳四朗 初対戦(WBC世界ライト・フライ級タイトルマッチ)

拳四郎選手は初の世界挑戦。ロペスは2度目の防衛戦だった。

[2016年7月2日] ガニガン・ロペス vs ジョナサン・タコニング ロペス初防衛戦(WBC世界ライト・フライ級タイトルマッチ)

こちらの記事も読まれています


-注目の試合, 試合後のコメント
-,

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.