Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

注目の試合 試合後のコメント

[2018年5月25日]WBA世界バンタム級タイトルマッチ ジェイミー・マクドネル vs 井上尚弥 の詳細情報(試合結果&試合後のコメント追記)

投稿日:

2018年5月25日(金)、WBA世界バンタム級タイトルマッチ
ジェイミー・マクドネル(Jamie McDonnell/GreatBritainイギリス) vs 井上尚弥Japan大橋)の試合が行われます。

会場は東京、大田区総合体育館

2018年5月25日(金)当日、フジテレビ系列で19時57分から生中継されます。
※関西地域では野球中継後の21時から放送されます。
先に拳四郎選手の試合のダイジェストが流され、その後に井上選手の試合が生中継されるようです。
※野球中継に延長はありません。

試合結果

井上尚弥 Japan大橋) 1RTKO ジェイミー・マクドネルGreatBritainイギリス)×

試合開始からジャブを放つマクドネル、それを冷静にグローブではじく井上選手、互いに距離を探る展開。

30秒過ぎ、井上選手が左ストレートをマクドネルのボディーにヒットさせると、それをきっかけにマクドネルを連打でコーナーに追いつめ、ボディーに数発の左フックを突き刺します。
その後は、井上選手がマクドネルを追いかける展開に。

1分40秒過ぎ、井上選手の強烈な左フックがマクドネルの右のこめかみにヒット。
バランスを崩すマクドネルをコーナーに追いつめると、更に右ストレートがマクドネルの頭頂部をかすめ、マクドネル最初のダウン

立ち上がったマクドネルでしたが、井上選手が猛烈なラッシュを仕掛けると、マクドネルはロープにくぎ付けとなってしまいます。
マクドネルは連打で応戦しますが、井上選手の強烈なフックを何発も頭部にくらい、2度目のダウン

レフェリーはカウントすることなく試合終了を宣告。
井上選手のTKO勝利で、3階級制覇達成となりました!

試合後のコメント

井上尚弥のコメント

--1ラウンドで試合が決着したことについて--
「自分でもびっくりしています。
最高ですね。夢を見ている気分です。
ハードな練習をしてきた結果が出て、満足しています。
そして、イギリスからわざわざ日本まで来てくれたチャンピオンに感謝します。
ただ、今日の試合では自信はつかないですね。
まだ見えていない実力を引き出せる試合になるかと思ってましたが、何にも分からないまま終わってしまった。」

--バンタム級最初の試合で10年間無敗のチャンピオンを迎え、どんな気持ちで試合に臨んだのか?--
「楽しみでいっぱいでしたね。
いつも通り、判定でもいいという気持ちで臨みました。
でも、出だしが堅かったですね。(パンチを)ブン回してました。
30秒くらいでチャンピオンのスピードや、パンチの角度が見切れたので、いけるかなと感じました。
ただ、(チャンピオンが)右を出してこなかったので、そこだけは怖かったですね。」

--階級を上げた影響は?--
「控え室でアップしているときからパンチののりも動きも違うなと感じていて、当たれば倒せるという感覚がありました。
エネルギーがみなぎってましたね。
それが試合に出てほっとしています。」

--マクドネルとの体格差について--
「向き合ったとき、それほど感じなかったですね。スピードが鈍いなって印象でした。」

--世界に向け十分なアピールができた?--
「はい。怪物ぶりが十分にアピールできたんじゃないかと思います。
そして、みなさん、WBSSバンタム級最強トーナメント参加の正式なオファーが来ています。
出場します!

このトーナメントにはテテ、バーネットなど強豪が待ち受けているので、今まで以上に練習して優勝できるように頑張ります!応援よろしくお願いします。」

--3階級制覇のチャンピオンベルトの感触は?--
「めちゃくちゃ重いです。
そして、3本目なのでこれを大事に次戦からも頑張っていきたいですね。」

--WBSSへの意気込みは?--
「この試合の前から開催が決まっていて、ジムにも正式にオファーが来ていたので、その意味でもこの試合にかける気持ちがありました。
かなり楽しみですね。
このトーナメントには他の団体のチャンピオンも出場するので、バンタム級の最強が決まります。
必ず優勝してやろうという気持ちはありますね。」
(フジテレビ)

ジェイミー・マクドネル選手のコメント

--井上選手について--
「パンチは本当に強かった。
地球上で一番強い男と試合ができた。
素晴らしいファイター」

--試合の作戦について--
「まず始めの数ラウンドは様子を見て、(井上の)トルネード(台風)を避け、その後に攻めていこうと思っていたが、とらえられてしまった。
流れに乗ることができなかった」

--減量はうまくいっていたのか?--
「バンタム級最後の試合として最高に作り上げてきた。
ここ10年はバンタム級でやっている。
減量法は変えていない」
(日刊スポーツ)

--コンディションについて--
「最高のコンディションをつくったが、残念ながら負けてしまった。
やはり井上選手は強かった。パウンド・フォー・パウンドの強さが見えた。
減量はいつも通り。ただ、バンタム級はこれが最後。次の階級で戦う。」

--井上が参戦を表明したWBSSについて--
「自分に勝ったのだから、優勝するチャンスはあるだろう。
できれば彼に勝って、自分が出たかった」
(デイリースポーツ)

2018-5-24 前日計量

先に井上選手がリミット調度の53.5kgで計量クリア。
※バンタム級のリミットは118ポンド=53.5kg

マクドネルも53.3kgで両者無事に計量クリア。

イギリスの衛星放送局Sky SportsでのCM
モンスター井上尚弥 J・マクドネルにとって究極のテスト

井上尚弥選手、バンタム級に階級を上げての初戦はいきなりの世界タイトルマッチとなりました。

相手は5連続防衛中の長身王者ジェイミー・マクドネルです。

J・マクドネルは試合内容は地味ながらもタフな挑戦者に5度の防衛を果たしているバンタム級長期王者です。

なお、この試合はWBCライト・フライ級王者、拳四郎選手のV3戦とともにダブル世界戦として行われることになりました。

楽しみですね。



トレーニングキャンプ

長谷川穂積選手から2度のダウンを奪ったカルロス・ルイス(Mexicoメキシコ)とスパーリングを行った井上選手。

井上選手はマクドネルのような長身ボクサーだけでなく、世界各国の色々なスタイルのボクサーとのスパーリングを行っているようですね。


井上尚弥対策で現WBAスーパー・フライ級王者のカリッド・ヤファイとのスパーリングを行ったジェイミー・マクドネル選手

フィジカルトレーニングの映像

試合前のコメント

ジェイミー・マクドネル選手のコメント

2018-5-20 羽田空港到着時のコメント

--トレーニングキャンプについて--
「素晴らしい合宿でした。
最高の仕上がりです」
--井上との防衛戦に向けて--
「レベルの違いをみせる。
4年間、世界王者であり、10年間負けなし。
今が自分のピークだと思う。
バンタム級最強であることを証明したい。
そしてワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のことも考えている。」
(日刊スポーツ)

試合決定直後のコメント

Free Pressのインタビューに答えて)
「俺は長いこと注目されてこなかった。
イギリスで一番長く世界チャンピオンに君臨している俺のことを誰も気にもしない。
しかし、この試合に勝利すれば、いずれはみんな俺のことを少しは認めてくれるようになるだろう。

俺はアンダードッグとしてアメリカのテキサスへ2度行き、誰もが勝てるわけないと言っていた相手に2度とも勝ってこのタイトルを守ってきた。
そして、今度は日本でも同じことをしてくるつもりだ。
日本で勝利すれば、このドンカスターから来た男が偉大なボクサーであると語ってくれるようになるだろう。

この試合を受けたことを、みんな俺が気でも狂ったのかと噂している。
誰もかれもが俺には全くチャンスがないだろうと言っている。
しかし、そんなことは全然気にしない。

むしろ、そのおかげで俺はこの試合に燃えているよ。
こんなに興奮したことは長い間なかった。
これまでに一度もないかもしれない。

みんな俺が井上の踏み台になることを期待しているんだろう。
しかし、そんなことにはならないよ。
井上はいいボクサーだが、俺は井上にとってかなり大きいし、パワーもある。

俺は井上にKOで勝つ自信がある。
みんな俺のことを見直すことになるだろう。

俺はこの階級か一つ上の階級で数試合ビッグマッチを計画しているが、この試合が俺のキャリアの中でも最も大きな成功となるかもしれない。
そんなとこだね。」

井上 尚弥選手のコメント

--バンタム級での世界戦が決まった心境は
「素直にうれしかった。モチベーションが上がった」

--バンタム級は適正か
「1・3キロ増えるので、練習量も筋肉量も増やせて、幅も広がる。今の体に合っている。長期防衛できる階級だ」

--王者との身長差は9センチある
「対策を考えないといけない。身長差をどう攻略するか。作戦を立てながら考える」

--王者の印象は
「本当に正統派。判定までしっかり粘る力がある」

--今後の練習は
「相手に似た選手とスパーすること。バンタム級に向けて下半身、全身を鍛えたい」

--久しぶりに挑戦者になるが
「違和感はあるが、常にチャレンジャーの気持ちで戦うことが大事だと思う」
(サンスポ)



両選手プロフィール

ジェイミー・マクドネル 選手のプロフィール

  • 名前:Jamie McDonnell
  • 出身地:GreatBritainイギリス
  • 年齢:31歳
  • プロデビュー:2005年9月16日
  • 身長:178cm
  • リーチ:183cm
  • 戦績:32戦、29勝(13KO)2敗(0KO)1引き分け
  • KO率:39%
  • スタイル:オーソドックス

井上 尚弥 選手のプロフィール

  • 名前:Naoya Inoue
  • 出身地:Japan日本
  • 年齢:24歳
  • ニックネーム:モンスター(Monster)
  • プロデビュー:2012年10月2日
  • 身長:165cm
  • リーチ:169cm
  • 戦績:15戦、15勝(13KO)0敗(0KO)
  • KO率:87%
  • スタイル:オーソドックス

(※画像はBoxRecから引用)

ジェイミー・マクドネル選手の過去試合動画

[2017年11月4日] 直近の試合(WBAタイトル6度目の防衛戦、ソリスとのリマッチ) vs リボリオ・ソリス(Venezuelaベネズエラ)戦

[2013年5月11日] 初の世界タイトルを獲得した試合(IFB世界バンタム級タイトルマッチ) vs フリオ・セハ(Mexicoメキシコ)戦

【海外反応】2018.5.25 WBA世界バンタム級タイトルマッチ ジェイミー・マクドネル vs 井上尚弥 戦レビュー(辛口)

以前、海外ボクオタ・ユーチューバーのプレサイス・パンチャー氏の井上尚弥 vs ヨアン・ボワイヨ戦分析を紹介しましたが、また同氏の井上尚弥 vs ジェイミー・マクドネル戦分析動画がアップロードされていた ...

こちらの記事も読まれています


 

-注目の試合, 試合後のコメント
-,

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.