Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

注目の試合 試合後のコメント

[2017.5.20]WBC世界フライ級タイトルマッチ 比嘉大吾 vs フアン・エルナンデス・ナバレッテ戦 関連情報[試合結果・試合後のコメント追記]

2017年5月20日、世界フライ級1位の比嘉大吾選手(白井・具志堅ジム)がWBCフライ級タイトルをかけ、現王者のフアン・エルナンデス・ナバレッテ(Juan Hernandez Navarrete/Mexicoメキシコ)に挑戦します。
会場は東京・有明コロシアム。
この試合の模様は同日フジテレビ系列で19:00から生中継で放送されます。

試合結果

WBC世界フライ級タイトル戦12回戦

〇比嘉大吾 6回TKO ファン・エルナンデス×

フアン・エルナンデスが、前日の計量で200gの体重超過したことによりタイトルを剥奪されたため、比嘉選手のみタイトルがかかった試合となりました。
比嘉選手は、2回2分過ぎ、エルナンデスの右ストレートの打ち終わりに左フックを顔面へ当て、1回目のダウンを奪うと、
5回にも、強烈な左フックで2つ目のダウンを奪う。
さらに6回にもエルナンデスをロープ際に追い込み、ボディフックやアッパーの連打で4度のダウンを奪うと、レフェリーが試合をストップ。
TKO勝ちにより比嘉選手がWBC世界フライ級の新王者となりました。
全勝全KOでの世界奪取は日本人初の記録です。

両選手のコメント

比嘉大吾選手のコメント

「最高の結果が出せてよかった。(計量オーバーしている相手に対して)自分も減量がきつくて、1時間前パニック障害を起こして危なかったが、自分の方が気持ちが強いと思い挑んだ。この試合は絶対に倒して取ろうと思っていた。日本人初のKOで全試合取っているので試合にかける思いは強かった」
(日刊スポーツ)

(試合後にリング上で)「会長みたいな偉大な世界チャンピオンになりたい。わんや、カンムリワシにないん(沖縄の方言で私はカンムリワシになりたい)」
(デイリースポーツ)

ファン・エルナンデス選手のコメント

「主導権は私にあった。だが、200グラムのオーバーでも(試合には)影響した」
(サンスポ)

比嘉大吾 選手プロフィール

  • 出身地:沖縄県浦添市
  • 年齢:21歳
  • プロデビュー:2014年6月17日
  • 獲得王座:OPBFフライ級タイトル、WBCユース世界フライ級タイトル
  • 戦績:12戦、12勝(12KO)0敗(KO)
  • KO率:100%
  • スタイル:オーソドックス

比嘉選手の武器は何といっても力強い右ストレートですね。
自分から仕掛ける攻撃的なスタイル、思いっきりのよさも魅力です。

これまでの勝ちっぷり、勢いを見ると、具志堅会長と同じ21歳での世界タイトル獲得はかなり期待できます。

フアン・エルナンデス・ナバレッテ 選手プロフィール

  • 出身地:メキシコ、ミチョアカン州モレリア市
  • 年齢:30歳
  • プロデビュー:2004年3月25日
  • 獲得王座:WBC世界フライ級タイトル
  • 戦績:36戦、34勝(25KO)2敗(1KO)
  • KO率:69%

テクニックとスピードに長けている現チャンピオンです。
2011年8月にミニマム級で井岡一翔選手のタイトルに挑み、3-0の判定で負けてからは、階級を上げ16戦負けなし。

KO率は69%と比嘉選手に劣りますが、左右ともKOを狙える強いパンチを持っています。
特に左は鋭く、ガードの隙間を狙って正確に打ち込んできます。

井岡選手と戦った時よりも、頻繁にスイッチを繰り返す攻防兼備のスタイルに進化していますね。
フットワークが軽快で、左右色々な角度からパンチを打ち込んできます。

比嘉大吾選手の過去試合動画

[2016.7.2]OPBFフライ級タイトルマッチ 対 アーディン・ディアーレ(Ardin Diale/Philippinesフィリピン)戦 

OPBFタイトル初挑戦も王者を圧倒。4ラウンドKO勝ち

[2016.7.2]OPBFフライ級タイトルマッチ 対 フェリペ・カグコブ・ジュニア戦(Felipe Cagubcob Jr/Philippinesフィリピン) 

ハードパンチャーでタフなフェリペ相手に若干苦戦したものの、最後はボディ・顔面ともに効かせてKO勝ち
OPBFタイトルを初防衛

フアン・エルナンデス・ナバレッテ選手の過去試合動画

[2017.3.4]WBC世界フライ級タイトルマッチ 対 ナワポーン・ポーチョークチャイ(Nawaphon Kaikanha/Thailandタイ)戦 

体格差のある36戦無敗のチャンピオン、ナワポーンを完全に攻略してみせた。
ハードパンチャーのナワポーンを相手に冷静に戦い、KO勝ち

[2016.4.9] 対 ルイス・カリーロ(Luis Carrillo/Columbiaコロンビア)戦 

慎重差10cm以上あるルイス・カリーロを、右ストレート2発でKO。

この日は、村田諒太選手(WBAミドル級)、拳四郎選手(WBCライトフライ級)の世界戦も行われる予定です。
3選手とも世界初挑戦!
3人揃ってタイトルを獲得してほしいですね。

こちらの記事も読まれています


-注目の試合, 試合後のコメント
-

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.