Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

注目の試合

【2019-5-26】伊藤 雅雪 vs ジャメル・ヘリング WBO世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ 詳報【米国で2度目の防衛戦!】※試合結果追記

2019年5月26日(日)、WBO世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ

伊藤 雅雪Japan伴流) vs ジャメル・ヘリングUSAアメリカ/ランキング9位)の試合が行われます。

会場はアメリカ、フロリダ州、キシミーのオセオラ・ヘリテージ・パーク

この試合の模様は5月26日(日)午前11:00から、WOWOWライブ「エキサイトマッチ」で生中継される予定です。

試合結果

ジャメル・ヘリングUSAアメリカ) 判定3-0 8RTKO 伊藤 雅雪Japan伴流)×
※110-118、112-116、110-118

序盤からヘリングは伊藤選手の強い右をもらわないよう常に左に回り込みながら、長いリーチを生かしたジャブをコツコツ当てて、試合の主導権をつかみます。

中盤、単発では伊藤選手の右がへリングをとらえますが、連打にはつなげられず。

8Rへリングが少し疲れたか、伊藤選手の連打が当たり始めます。
しかし9R、伊藤選手も度重なる組み際での打ち合いに疲れたか、手数が出ません。

10R以降は再び距離を置いたヘリングのペースに。

そのまま試合は終了。
ヒット数では互角ながら、試合の主導権を終始握ったヘリングにポイントは傾きました。

3-0の判定でジャメル・ヘリングが勝利。WBOスーパーフェザー級新チャンピオンになりました。
伊藤雅雪選手は2度目の防衛戦で王座陥落となってしまいました。


前日計量
の結果 ※スーパーフェザー級リミット130lbs(59.0kg)

両者ともにリミット以下で計量パス

伊藤 雅雪129.4 lbs(58.7 kg)
ジャメル・ヘリング129.6 lbs(58.8 kg)

※1kg=2.20462ポンド、1ポンド=0.453592kg

伊藤 雅雪選手のコメント

[2019/5/25]前日計量後のインタビューに答えて

≫エルナンデス・トレーナーと4月中旬から約1カ月間の現地合宿で左対策を練った
「最善の答えを与えてくれた。勝つ方法を考えてくれる」と感謝した。
≫第3子が生まれる予定
「家族に対して責任があります。勝たなければならない。ボクシングで夢をもっともっと続けたい」
≫この試合の勝者が17年7月に三浦隆司にも勝利したWBC王者ミゲル・ベルチェント(27=メキシコ)と2団体統一戦に挑む
「世界的にも有名なベルチェントと対戦できる可能性があることが、自分のやる気になります。プレッシャーはないです」
日刊スポーツ

夢のワシル・ロマチェンコ戦へと通じる道 伊藤雅雪(WBO世界Sフェザー級王者)インタヴュー

[2019/5/3]合宿先のロサンゼルスでのインタビューに答えて

「これに勝つと(上が)見えてきますね。もちろんトップランクが選んだ選手だから弱い相手ではないけれど、これくらいの相手には勝たないと始まらない、と僕は見ています。だから今回の試合は非常に大事なものになります」

[2019/4/13]アメリカの大手プロモーター トップランク社との契約発表会見時のコメント

「ただ勝つだけではなく、みなさんが喜ぶような試合をして、マニー・パッキャオのように不利と思われる試合を勝っていきたい」
サンスポ

ジャメル・ヘリング選手のコメント

[2019/5/24]Ringtv.comのインタビューに答えて

「世界タイトルがかかるこの試合は、メンタル面ではこれまでと全く異なる。試合前、私の壁を背に立っていることを思い浮かべる。私は負けることはない、前に進むだけだと。」
≫へリングはクロフォードのアドバイスを全て聞き入れている。試合当日のリングサイドにもクロフォードが付く予定だ。
「私はテレンスのハードな練習に感銘を受けた。クロフォードは負けが考えられなくなるほどに練習をする。
もし彼のようなエナジーを持ち、彼のそばにいるなら、とてつもないモチベーションになるだろう。
彼のトレーニングを見ると彼が最初の世界タイトルに挑戦するときのようだ。彼の情熱は私にモチベーションを与えてくれた。」
「世界タイトルはケーキの上のアイスのようなものだ。私は大きなアップダウンを乗り越えてきた。エロールスペンス(IBFウェルター級チャンピオン)は私をシンデレラマンと呼んでいるよ。世界タイトルを獲得できたらもう何もいらない。私はこの上ない幸せな男になれるだろう。」
Ringtv.com


試合の見どころ

WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪選手が、米国フロリダ州キシミーにあるオセオラ・ヘリテージ・パークで、WBO同級9位のジャメル・ヘリングを迎え2度目の防衛戦を行います。

2018年7月、ロマチェンコが階級を上げ空位となったタイトルを、プエルトリコの無敗ホープクリストファー・ディアスと敵地で争い、戦前の下馬評を覆して王座を獲得しました。

その後、昨年末の初防衛戦では地元東京で、指名挑戦者のエフゲニー・チュプラコフ選手を迎え撃ち、7ラウンドTKOで下し、故郷に錦を飾っています。
内容は、アマ戦績200戦プロでも20戦無敗のチュプラコフのプレッシャーを執拗なボディー打ちで押しとどめ、最後にはマウスピースを吐かせるほどの強烈なボディーショットでリングに沈める盤石のものでした。

2度目の防衛戦の相手、ジャメル・ヘリングは180cmの長身でナチュラルなサウスポーです。
懐が深く、ロングレンジから打ち込む打角の広い左ストレートが一番の武器でしょうか。
近い距離でも長い腕をたたんで打ち込む左右のフックやアッパーは中量級並みの迫力があります。

米国海兵隊出身で、2012年にはロンドン五輪に出場しチームの主将を務めました。
そこから「忠誠を誓う男(Semper Fi)」というニックネームはきています。

会場のフロリダと同じ東海岸のNYで生まれ育ったへーリングに地元の声援が飛ぶでしょう。
伊藤選手にとっては再びアウェイの地での試練となります。

ディアス戦、チュプラコフ戦とファイターを相手に逆に連打で押し込み打ち勝った伊藤選手。
オーソドックスにこれまで負けのない懐の深いへリングを相手に、オーソドックスの伊藤選手はどういった戦いを見せるでしょうか?

伊藤雅雪選手が再び米国で世界戦V2を達成できるのか!?白熱した試合に期待です!

この試合のオッズ

伊藤雅雪ジャメル・ヘリング引分け
2.11.716.0

参照:betfair.com

地元で実力が知られたへリングがやや人気ですが、伯仲したオッズとなっています。

オッズの計算方法
ボクシングのオッズの表記法【代表的な3つを解説】

よくボクシングニュースで海外での試合のオッズが発表されることがありますよね。 「オッズ 11対2でA選手有利」とか、 「B選手につけられたオッズは1.62倍」といったように。 今回はこのオッズの見方を ...

今回の「試合の見どころ」は@OnoderaSftさんに協力をいただきました。
@OnoderaSftさんのホームページはこちらです。

両選手プロフィール

伊藤 雅雪
伊藤 雅雪
  • 名前:Masayuki Ito
  • 出身地:Japan日本
  • 年齢:28歳
  • プロデビュー:2009年5月26日
  • 身長:174cm
  • リーチ:179cm
  • 戦績:27戦、25勝(13KO)1敗(0KO)1分
  • KO率:48%
  • スタンス:オーソドックス

去年末は、ランキング1位の指名挑戦者エフゲニー・チュプラコフをスピード・テクニックで圧倒し、危なげなく初防衛を成功させました。
2度目の防衛戦は、ランキング9位ながら競合ひしめくアメリカ中量級の中からロンドン五輪に選出された実績を持ち、体格で上回る挑戦者ハーリングを相手に、敵地で勝利を飾ることができるでしょうか!?

ジャメル・ハーリング
ジャメル・ハーリング
  • 名前:Jamel Herring
  • 出身地:USAアメリカ
  • 年齢:33歳
  • ニックネーム:忠誠を誓う男(Semper Fi)
  • プロデビュー:2012年12月8日
  • 身長:178cm
  • リーチ:178cm
  • 戦績:21戦、19勝(10KO)2敗(1KO)
  • KO率:48%
  • スタンス:サウスポー

アメリカ海兵隊で9年間勤務したハーリングは、戦地イラクで2度の勤務を果たし、軍曹にまで昇格しました。
ロンドン五輪ではチームの主将を務めています。
それがニックネーム忠誠を誓う男(Semper Fi)の由来です。

(※画像はBoxRecから引用)


伊藤 雅雪選手の過去試合動画

[2018年12月30日] 直近の試合動画(WBO世界スーパー・フェザー級タイトル初防衛戦) vs エフゲニー・チュプラコフ戦

[2018年7月28日] WBO世界スーパー・フェザー級王座決定戦 vs クリストファー・ディアス戦

米国での王座奪取は37年ぶり快挙でした。

ジャメル・ハーリング選手の過去試合動画

[2018年12月14日] 直近の試合動画 vs アデイルソン・ドス・サントス戦

パワフルで鋭角的な左ストレードが印象的です。

[2016年7月2日] デニス・シャキコフ戦

プロデビュー後15連勝を重ねていたハーリングでしたが、ロシアのハードパンチャーシャキコフの左右のオーバーハンドに沈み、初の敗戦を喫しました。

伊藤 雅雪 vs ジャメル・ハーリング WBO世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ

こちらの記事も読まれています


-注目の試合
-,

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.