Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

注目の試合

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ 井上尚弥vs河野公平ほか~12月30日18時からフジTV系列で放送「ボクシングフェス2016」の試合予定は?

2016年12月30日18時から、フジテレビ系列で「ボクシングフェス2016」が放送されます。
会場は有明コロシアム、井上尚弥vs河野公平のWBO世界Sフライ級タイトルマッチをメインイベントに、
八重樫東選手のIBF世界ライトフライ級の防衛戦、松本亮選手の復帰戦、
清水聡選手のプロ2戦目、村田諒太選手のプロ12戦目、井上浩樹選手のプロ6戦目などの試合が予定されています。(画像はフジテレビHPからの引用です)

以下はその詳細です。
↓ ↓ ↓

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ 井上尚弥 vs 河野公平

今年8月にパナマのルイス・コンセプシオンに敗れ、WBA王座から陥落した河野公平選手が、井上尚弥選手のWBO世界Sフライ級タイトルに挑戦します。
河野選手にとっては、この試合が復帰戦となります。

井上尚弥選手プロフィール

23歳、身長164cm、リーチ171cm
11戦、11勝(9KO)、0敗、0引き分け

河野公平選手プロフィール

36歳、身長167cm、リーチ171cm
42戦、32勝(13KO)、9敗(0KO)、1引き分け

IBF世界Lフライ級タイトルマッチ 八重樫東 vs サマートレック・ゴーキャットジム

IBF世界Lフライ級王者の八重樫東選手は、サマートレック・ゴーキャットジム(Wittawas Basapean/タイThailand)と対戦します。

このサマートレックは、井上尚弥選手と対戦しており(井上選手のプロ7戦目、WBC世界Lフライ級タイトルマッチ)、結果はサマートレックのTKO負け。
同門の八重樫選手としては、負けられない試合となりそうです。

サマートレックは井上選手に負けて以降、14戦全勝7KO勝ちと好調です。(しかも前戦は先月11月の24日!結果はTKO勝ち)
身長、リーチはともに八重樫選手が上回っています。

八重樫東選手プロフィール

33歳、身長161cm、リーチ165cm
29戦、24勝(12KO)、5敗(2KO)、0引き分け

サマートレック・ゴーキャットジム選手プロフィール

32歳、身長155cm、リーチ162cm
36戦、31勝(12KO)、5敗(2KO)、0引き分け

サマートレック・ゴーキャットジムの直近の試合 vs トミー・セラン戦(2016年11月24日)

バンタム級 松本亮 vs ビクトル・ウリエル・ロペス

松本亮選手の復帰戦はビクトル・ウリエル・ロペスVictor Uriel Lopez/メキシコMexico)とのリマッチとなりました。
前回の試合は初の敗戦、しかも序盤ではロペスをあわやノックダウンというところまで追いつめたにもかかわらず、逆転のKO負けという悔しい結果でした。
何度いいパンチを喰らっても連打がやまないロペスは相当タフでしたね。パンチの切れもあります。
松本選手は今年の借りを今年中に返せるか

松本亮選手プロフィール

22歳、身長173cm
18戦、17勝(15KO)、1敗(1KO)、0引き分け

ビクトル・ウリエル・ロペス選手プロフィール

16戦、10勝(4KO)、5敗(2KO)、1引き分け

ビクトル・ウリエル・ロペスの直近の試合 vs ジョージ・アダム戦(2016年9月30日)

Sミドル級 村田諒太 vs ブルーノ・サンドバル

村田諒太選手のプロ12戦目は、世界前哨戦とも噂されるだけあって、今度の相手は強敵です。
対戦相手のブルーノ・サンドバルBruno Sandoval/メキシコMexico)はこれまで21戦して19勝、1敗、1引き分け
19の勝利のうち15KOとKO率78%のハードパンチャーです。

身長リーチともに村田選手を上回り、ナチュラルのSミドル級選手なのでパワーも持ってそうです。
ここを乗り越えればWBO世界王者ビリー・ジョー・ソーンダースへ挑戦の可能性が高まるとのことなので、
ぜひスカッと勝ってほしいです。

村田諒太選手プロフィール

30歳、身長182cm、リーチ183cm
11戦、11勝(8KO)、0敗、0引き分け

ブルーノ・サンドバル選手プロフィール

25歳、身長187cm、リーチ185cm
21戦、19勝(15KO)、1敗(0KO)、1引き分け

ブルーノ・サンドバル vs アルベルト・マルチネス ブルーノ・サンドバルが4年前に北米ミドル級タイトルに挑戦した試合 

Sライト級 井上浩樹 vs 宇佐美太志

井上兄弟の従妹にして(井上兄弟の父でトレーナーの真吾氏の兄の子供)、アマ5冠の井上浩樹選手のプロ6戦目は、17戦14勝2敗1引き分けの宇佐美太志選手(岐阜ヨコゼキボクシングジム
)です。

井上浩樹選手はプロで5戦して4KO(5戦目もほぼKO勝ちの内容)と危なげない戦績ですが、対戦する宇佐美選手も14勝のうち11KO(78%)と高いKO率を誇り、しかもKO負けがない。
タフな相手といえそうです。

井上浩樹選手プロフィール

24歳、身長177cm
5戦、5勝(4KO)、0敗、0引き分け

宇佐美太志選手プロフィール

27歳、身長175cm
17戦、14勝(11KO)、2敗(0KO)、1引き分け

Sフェザー級 清水聡 vs カルロ・デメシロ

ロンドン五輪銅メダリストの清水聡選手のプロ2戦目です。
対戦相手のカルロ・デメシロ(Carlo Demecillo/フィリピンPhilippines)は前戦で天笠尚(あまがさ ひさし)選手に3-0で判定負けしており、フェザー級からSフェザー級へ1階級を上げての初戦となります。

Sフェザー級の清水選手。この階級はロマチェンコを筆頭に今盛り上がっている階級なので楽しみです。

清水聡選手プロフィール

30歳、身長179cm
1戦、1勝(1KO)、0敗、0引き分け

カルロ・デメシロ選手プロフィール

27歳、身長175cm
9戦、6勝(1KO)、3敗(0KO)

個人的には亀田興毅選手と互角の戦いをした河野選手と井上尚弥選手との対戦がどんな試合となるか楽しみです。

こちらの記事も読まれています


-注目の試合

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.