Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

パウンド・フォー・パウンド

WBN発表のパウンド・フォー・パウンドTOP50[2019-2-27]

更新日:

WBN(World Boxing News)で発表されているパウンド・フォー・パウンドの最新ランキングTOP50を紹介します。

WBNのパウンド・フォー・パウンドは以下の基準で選ばれています。

・世界タイトルを獲得していること。
・複数階級のタイトルを獲得していること。
・強い相手と対戦していること。
・勝ち方が良いこと。
・長期に渡り活躍している、あるいはこの1年間活躍していること。

※星はキャリアを通しての達成度を表します。
※12カ月以上試合がない選手はランクを失います(負傷による休養を除く)。

最終更新日:2019年2月27日

パウンド・フォー・パウンドTOP50

No.1ワシル・ロマチェンコ ウクライナVasyl Lomachenko []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 1

次戦(2019-04-12):vs アンソニー・クローラ

No.2カネロ・アルバレス メキシコCanelo Alvarez []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 2

次戦(2019-05-04):vs ダニエル・ジェイコブス

No.3オレクサンドル・ウシク ウクライナOleksandr Usyk []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 3

No.4マイキー・ガルシア アメリカMikey Garcia []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 4

次戦(2019-03-16):vs エロール・スペンス・ジュニア

No.5マニー・パッキャオ フィリピンManny Pacquiao []

RECORD IN 2019: 1-0 ※1月時点のランキング: 11

6.テレンス・クロフォード アメリカTerence Crawford []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 5

次戦(2019-04-20):vs アミール・カーン

7.ゲンナディー・ゴロフキン カザフスタンGennady Golovkin []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 6

8.井上 尚弥 日本Naoya Inoue []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 7

次戦(2019-05-18):vs エマニュエル・ロドリゲス

9.ドニー・ニエテス フィリピンDonnie Nietes []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 8

10.タイソン・フューリー イギリスTyson Fury []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 9

11.シーサケット・ソー・ルンヴィサイ タイSrisaket Sor Rungvisai []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 10

次戦(2019-04-26):vs ファン・フランシスコ・エストラーダ

12.デオンテイ・ワイルダー アメリカDeontay Wilder []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 12

13.アンソニー・ジョシュア イギリスAnthony Joshua []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 13

次戦(2019-06-01):vs ジャレル・ミラー

14.田中 恒成 日本Kosei Tanaka []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 14

次戦(2019-03-16):vs 田口 良一

15.レオ・サンタ・クルス メキシコLeo Santa Cruz []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 15

16.ワンヒン・ミナヨーシン タイWanheng Menayothin []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 16

次戦(2019-03-29):vs 福原 辰弥

17.ファン・エストラーダ メキシコJuan Estrada []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 17

次戦(2019-04-26):vs シーサケット・ソー・ルンヴィサイ

18.エロール・スペンス・ジュニア アメリカErrol Spence []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 18

次戦(2019-03-16):vs マイキー・ガルシア

19.セルゲイ・コバレフ ロシアSergey Kovalev []

RECORD IN 2019: 1-0 ※1月時点のランキング: ランク外

20.ショーン・ポーター アメリカShawn Porter []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 19

次戦(2019-03-09):vs ヨルダニス・ウガス

21.ダニエル・ジェイコブス アメリカDaniel Jacobs []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 22

次戦(2019-05-04):vs サウル・アルバレス

22.ジャーボンティ・デービス アメリカGervonta Davis []

RECORD IN 2019: 1-0, 1 KO ※1月時点のランキング: 25

23.ローマン・ゴンザレス ニカラグアRoman Gonzalez []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 23

24.ゲイリー・ラッセル・ジュニア アメリカGary Russell Jr. []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 24

25.ミグエル・ベルチェルト メキシコMiguel Berchelt []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 26

26.ジャレット・ハード アメリカJarrett Hurd []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 27

27.オレクサンドル・グウォジク ウクライナOleksandr Gvozdyk []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 28

次戦(2019-03-30):vs ドゥドゥ・ヌグンブ

28.カラム・スミス イギリスCallum Smith []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 29

29.ギレルモ・リゴンドー キューバGuillermo Rigondeaux []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 30

30.井岡 一翔 日本Kazuto Ioka []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 31

31.ノニト・ドネア フィリピンNonito Donaire []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 32

次戦(2019-04-27):vs ゾラニ・テテ

32.ジョシュ・ワリントン イギリスJosh Warrington []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 33

33.ディミトリー・ビボル ロシアDmitry Bivol []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 34

次戦(2019-03-09):vs ジョー・スミス・ジュニア

34.デメトリアス・アンドラーデ アメリカDemetrius Andrade []

RECORD IN 2019: 1-0, 1 KO ※1月時点のランキング: ランク外

35.ギルバート・ラミレス メキシコGilberto Ramirez []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 35

次戦(2019-04-12):対戦相手未定

36.アブネル・マレス メキシコAbner Mares []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 36

37.モルティ・ムザラネ 南アフリカMoruti Mthalane []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 37

次戦(2019-05-13):vs 黒田 雅之

38.ジェームス・デゲイル イギリスJames Degale []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 39

39.ジャーマル・チャーロ アメリカJermall Charlo []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 40

40.レイ・バルガス メキシコRey Vargas []

RECORD IN 2019: 1-0 ※1月時点のランキング: 41

41.オスカー・バルデス メキシコOscar Valdez []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 45

42.ヘルウィン・アンカハス フィリピンJerwin Ancajas []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 43

43.京口 紘人 日本Hiroto Kyoguchi []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 44

44.寺地 拳四朗 日本Ken Shiro []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 46

45.ルイス・ネリー メキシコLuis Nery []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 47

次戦(2019-03-16):vs マックジョー・アローヨ

46.マイリス・ブリーディス ラトビアMairis Briedis []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 48

次戦(2019-06-15):vs クシシュトフ・グウォヴァツキ

47.モーリス・フッカー アメリカMaurice Hooker []

RECORD IN 2019: ※1月時点のランキング: 50

次戦(2019-03-09):vs ミケル・リスピエール

48.ナルディーヌ・ウバーリ フランスNordine Oubaali []

RECORD IN 2019: 1-0 ※1月時点のランキング: ランク外

49.マーカス・ブラウン アメリカMarcus Browne []

RECORD IN 2019: 1-0 ※1月時点のランキング: ランク外

50.カレブ・プラント アメリカCaleb Plant []

RECORD IN 2019: 1-0 ※1月時点のランキング: ランク外



前回更新時(2018年11月13日)からの順位変動

↑5位 マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao/Philippinesフィリピン)

復帰2戦目でお騒がせ男のエイドリアン・ブローナーをノック・ダウン一歩手前まで追い込んで完勝したマニー・パッキャオが5位にランクアップ。

上り調子のブローナーを破ったことで、クロフォードやエロール・スオエンス・ジュニアなどのトップ選手との対戦も現実味を帯びてきました。

メイウェザーとの再戦の噂もあります。

↑9位 ドニー・ニエテス(Donnie Nietes/Philippinesフィリピン)

昨年末の井岡一翔選手との王座決定戦を3-0の判定で制したドニー・ニエテスが9位と大幅にランクアップ。

試合内容はパリクテ戦よりも微妙でしたが、ジャッジの判定は意外なほどの大差がつきました。敗れた井岡選手は大幅にランクダウンしています。

次戦の初防衛戦では、パリクテとの再戦が有力なようです。

↑19位 セルゲイ・コバレフ(Sergey Kovalev/Russiaロシア)

イレイダー・アルバレスとの再戦を制したセルゲイ・コバレフが、再浮上。

初戦ではアルバレスに3度ノックダウンされてのKO負けでしたが、再戦では終始アウトボックスに徹してアルバレスを寄せ付けず、明確な判定で勝利を収めました。

↑22位 ジャーボンティ・デービス(Gervonta Davis/USAアメリカ)

ウーゴ・ルイスとの初防衛戦を1R終了間際の強烈なボディー一閃で制したジャーボンティ・デービスが、ランク22位に大幅上昇。

3月に3度目の防衛戦が決まっているテビン・ファーマーとの対決がアメリカのファンの間では期待されています。

↑27位 オレクサンドル・グウォジク(Oleksandr Gvozdyk/Ukraineウクライナ)

長期防衛王者のアドニス・スティーブンソンを11RKOで破ってアップセットを起こしたウクライナのオレクサンドル・グウォジクがランクイン。変わってスティーブンソンはランク外に。

グウォジクは3月に初防衛戦が決定しています。

その他

WBOミドル級王者として初防衛戦を飾ったデメトリアス・アンドレーデがランクイン。

ルー・シー・ウォーレンとの王座決定戦を制したWBCバンタム級王者のナルディーヌ・ウバーリがランクイン。井上拓真選手との初防衛戦が楽しみですね。

バドウ・ジャックを完封し、大差判定勝利でWBAライト・ヘビー級暫定王者となったマーカス・ブラウンがランクイン。

タフな暫定王者のウツカテギから2度のダウンを奪うなど、完勝したカレブ・プラントがIBFスーパー・ミドル級の新王者に。

プラントはここ最近KO勝利からは遠ざかっているものの、全勝で初の世界タイトルを獲得しました。初のランクインです。

前回のランキング:WBN発表のパウンド・フォー・パウンドTOP50[2018-07-16]


元記事:Pound for Pound Top 50

こちらの記事も読まれています


-パウンド・フォー・パウンド

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.