Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

[1.19]デメトリアス・アンドラーデ vs アルツール・アカボフ

パウンド・フォー・パウンド

WBN発表のパウンド・フォー・パウンドTOP50[2018-06-08]

更新日:

パウンド・フォー・パウンドWBN(World Boxing News)で発表されているパウンド・フォー・パウンドの最新ランキングTOP50を紹介します。


※写真はWBNから引用

WBNのパウンド・フォー・パウンドは以下の基準で選ばれています。

・世界タイトルを獲得していること。
・複数階級のタイトルを獲得していること。
・強い相手と対戦していること。
・勝ち方が良いこと。
・長期に渡り活躍している、あるいはこの1年間活躍していること。

()内は、前回のランキング

最終更新日:2018年6月8日

パウンド・フォー・パウンドTOP50



14. カール・フランプトン(Carl FramptonUnited Kingdom) [1-0](18)

次戦(2018-08-18):対戦相手未定




44. 比嘉 大吾(Daigo HigaJapan) [1-0, 1 KO](NE)
45. ビリー・ジョー・サンダース(Billy Joe SaundersUnited Kingdom) [](46)
46. オスカー・バルデス(Oscar ValdezMexico) [1-0](NE)
47. 寺地 拳四朗(Ken ShiroJapan) [1-0, 1 KO](NE)
48. ジェフ・ホーン(Jeff HornAustralia) [](50)
49. マイリス・ブレイディス(Mairis BreidisLatvia) [](NE)
50. ジェイミー・ムングイア(Jaime MunguiaMexico) [1-0, 1 KO](NE)



前回更新時(2018年4月28日)からの順位変動

↑1位 ワシル・ロマチェンコ(Vasyl LomachenkoUkraine)

ホルヘ・リナレスを10回KOで破って3階級制覇を達成したワシル・ロマチェンコが初の1位に輝きました。

難敵に打ち勝った代償か、右肩の手術をすることになったロマチェンコですが、手術は無事成功して年内の防衛戦を宣言しています。

↑5位 井上 尚弥(Naoya InoueJapan)

バンタム級に階級を上げ、初試合でWBA王者のジェイミー・マクドネルに挑んだ井上尚弥選手が、1回TKOという一方的な勝利を収め順位をさらに上げました。

WBSSトーナメントが非常に楽しみになってきました。

↑9位 ワンヒン・ミナヨーシン(Wanheng MenayothinThailand)

9度目の防衛戦に勝利し、大きな区切りとなる50勝目を達成したワンヒン・ミナヨーシンが順位を上げました。

京口選手との統一戦や、フィリピンのマーク・アンソニー・バリガとの防衛戦など盛り上がるマッチアップを期待したいです。

↑31位 ヘッキー・ブドラー(Hekkie BudlerSouthAfrica)

田口良一選手を激戦の末の判定で下し、IBFとWBAスーパーの2団体タイトルを奪取したヘッキー・ブドラーがランクインしました。

当初、南アのジャッジが2人採用されるなど、すったもんだがありましたが、試合はブドラーが終始攻勢で、田口選手の猛攻も巧みなフットワークで交わす文句のない勝利でした。

田口選手との再戦についても前向きな発言をしていたブドラーでしたが、田口選手は階級を上げるという話もあり、どうなるんでしょうか。

↑39位 レイ・バルガス(Rey VargasMexico)

着実に勝利を積み重ね、5月にはアルメニアのアザット・ホファニシャンを判定で下し、32勝目を飾ったレイ・バルガスがランクイン。

このところ判定勝利が多く、今一つ地味な存在となっていますが、I・ドグボエやD・デラホーヤ、D・ローマン、日本では岩佐選手など、盛り上がりつつある階級なので、統一戦やビッグマッチを期待したいですね。

↑47位 寺地 拳四朗(Ken ShiroJapan)

初戦は苦戦だったガニガン・ロペスとの再戦も、鮮やかな右のボデイーショット2発で一蹴した拳四朗選手がランクイン!

BoxRecのライトフライ級ランキングでは1位に輝いています。

↑50位 ジェイミー・ムングイア(Jaime MunguiaMexico)

初の世界挑戦で実力者のチャンピオンサダム・アリを打ちのめし、4回TKOで倒して新王者となったジェイミー・ムングイアがランクイン!

21歳にして29戦無敗、KO率は86%、とんでもない猛者が現れました。今後の試合が楽しみですね。

アリ戦を解説するマルケスとムンギア。内容は分かりません。

長期のブランクを空けたキースサーマンは圏外に

なおキース・サーマンは、度重なる怪我による長期のブランクのため、ランク外となってしまいました。

タイトルも返上しています。

前回のランキング:WBN発表のパウンド・フォー・パウンドTOP50[2018-04-28]

元記事:Pound for Pound Top 50

こちらの記事も読まれています


-パウンド・フォー・パウンド

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.