Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

[1.19]デメトリアス・アンドラーデ vs アルツール・アカボフ

パウンド・フォー・パウンド

WBN(World Boxing News)発表のパウンド・フォー・パウンドTOP50[2017-03-10]

投稿日:

WBN(World Boxing News)で発表されているパウンド・フォー・パウンドの最新ランキングTOP50を紹介します。


※写真はBoxrec.comから引用

WBNのパウンド・フォー・パウンドは以下の基準で選ばれています。

・世界タイトルを獲得していること。
・複数階級のタイトルを獲得していること。
・強い相手と対戦していること。
・勝ち方が良いこと。
・長期に渡り活躍している、あるいはこの1年間活躍していること。

()内は、前回のランキング
[]内は、2017年の成績

最終更新日:2017年3月10日



上位では、3月4日ダニーガルシア(Danny Garcia) を判定で破りタイトルを防衛したキース・サーマン(Keith ThurmanUSA)が前回の17位から10位まで順位を上げました。

新たにランクインしたのは以下の3名。
2月にディビッド・アバネシヤン(David Avanesyan)に勝ち、2階級制覇を達成したウェルター級のラモント・ピーターソン(Lamont Peterson) が46位に、
3月2日両国での復帰戦に勝利したフライ級のブライアン・ビロリアBrian Viloria)は50位に、
クルーザー級のトニー・ベロー(Tony Bellew) は3月4日に元WBO、WBAヘビー級チャンピオンのデビッド・ヘイ(David Haye)をTKOで下し47位に、それぞれランクインしています。

ランキング圏外となったのは、
アンソニー・ジョシュアAnthony Joshua)とフリオ・セサール・チャベス・ジュニアJulio Cesar Chavez Jr.)、アレクサンダー・ポペドキンAlexander Povetkin)の3名。

ジョシュアは4月29日にウラジミール・クリチコWladimir Klitschko)とWBA、IBF、IBOのヘビー級3タイトルを掛けたタイトルマッチを控えており、注目を集めています。

チャベスJr.も5月6日にサウル・アルバレスSaul Alvarez)との試合が予定されています。
メキシコ人同士のノンタイトル戦ですが、人気者の二人が対戦するこの試合の注目度は相当高く、アメリカ・ラスベガスのT-Mobileアリーナを会場にメインイベントとして行われます。
すでに長いイベント宣伝ツアーが始まっています。

日本人選手では、3月2日にWBCバンタム級タイトルの12連続防衛を果たした山中慎介選手が前回の19位から14位にランクアップしています。
複数階級制覇の評価ポイントの高いWBNのP4Pランキングの中では、この順位は別格の価値がありますね。
[3月2日]WBC世界バンタム級タイトルマッチ山中慎介vsカルロス・カールソン戦が日テレ系列で放送/挑戦者のカルロス・カールソン情報[試合結果追記]

元記事:Pound for Pound Top 50

こちらの記事も読まれています


 

-パウンド・フォー・パウンド

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.