キャッチウェイト

正規の階級の重量ではなく、選手双方で取り決めた重量をリミットとして試合を行うこと。
階級の離れた人気選手が対戦する場合などに導入され、両者の中間の重量をリミットとする場合が多い。
または、一方の選手が体重超過した場合に、急遽、重量リミットを引き上げてキャッチウェイトマッチとされるケースもある。

英語:catchweight



あ行

インターバル

エイトカウント・システム

か行

カウント カウント・アウト

棄権(RTD) キドニーパンチ キャッチウェイト

クイーンズベリー・ルール

計量 減点(ポイント・ディダクション)

コーナー ゴング

さ行

スタンディング・エイト・カウント スプリット・デシジョン(SD) スリップ・ダウン

た行

ダウン

注意(コーション)

テクニカル・ノックアウト

ドロー

な行

ニュートラル・コーナー

ノー・コンテスト(NC) ノックアウト ノックダウン

は行

ファール(反則) ブレイク

ベア・ナックル

ポイント

ま行

マジョリティ―・ドロー(MD) マジョリティー・ディシジョン

や行

ユナニマス・ディシジョン(UD)

ら行

ライセンス ラウンド・マスト・システム

その他のカテゴリー

ボクシング用語辞典(50音順)目次へ



こちらの記事も読まれています


-

Copyright© Boxing アンテナ , 2020 All Rights Reserved.