Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

注目の試合 試合後のコメント

[2018年3月18日]WBA世界ライト・フライ級王座決定戦 小西 伶弥 vs カルロス・カニサレス 詳細情報(試合結果&試合後のコメント追記)

2018年3月18日(日)、WBA世界ライト・フライ級王座決定戦
小西 伶弥Japan真正) vs カルロス・カニサレスVenezuelaベネズエラ)の試合が行われます。
会場はポートピアホール(日本、兵庫県神戸市)

この試合の模様は、ボクシングモバイルで生配信される予定です。
会員なら150円で、非会員でも250円で視聴できます。

試合結果

カルロス・カニサレスVenezuelaベネズエラ) 判定3-0 小西 伶弥Japan真正)×
※114―113、115―112、116―111

試合後のコメント

カルロス・カニサレス選手のコメント

--判定結果について--
「8ポイントは勝ったと思っていた」
--3R仕留めきれなかった--
「あれはミス。小西のボディーでスタミナを消耗し、途中負けるかもと思った。最後は帳尻を合わせたけどね」
--今後について--
「田口でも小西でもどちらでも日本でやりたい」(サンスポ)

小西 伶弥選手のコメント

「冷静になって思うと、試合内容は相手が上回っていた。
思ったより逃げるのがうまく、パンチをつなげられなかった。完敗」
「練習でやってきたことを出せなかった。すごく悔いが残ります」
「これが世界戦かという感覚はあったが、自分のボクシングを忘れていた。
今日の負けを今後に生かすためにも、自分に厳しくもっと練習しないと。
絶対はい上がります」
(日刊スポーツ)

試合の見どころ

小西選手は世界初挑戦、カルロス・カニサレスは2年前の大晦日に田口良一選手のWBA世界ライト・フライ級タイトルに挑戦し、ドロー判定でタイトル獲得に失敗して以来、2度目の世界挑戦になります。

無敗同士の対決です。

両選手プロフィール

小西 伶弥 選手のプロフィール

  • 名前:Reiya Konishi
  • 出身地:Japan日本
  • 年齢:24歳
  • 階級:ミニマム級
  • プロデビュー:2013年8月24日
  • 身長:164cm
  • リーチ:166cm
  • 戦績:15戦、15勝(5KO)0敗(0KO)
  • KO率:33%
  • スタイル:オーソドックス

ミニマム級では日本タイトルを2度防衛、この試合がライト・フライ級に階級を上げ初の試合が初の世界挑戦となります。

カルロス・カニサレス 選手のプロフィール

  • 名前:Carlos Canizales
  • 出身地:Venezuelaベネズエラ
  • 年齢:25歳
  • 階級:ライト・フライ級
  • ニックネーム:CCC(本名Carlos Antonio Canizales Civiraの略)
  • プロデビュー:2014年7月4日
  • 身長:160cm
  • リーチ:164cm
  • 戦績:20戦、19勝(16KO)0敗(0KO)1引き分け
  • KO率:80%
  • スタイル:オーソドックス

過去の対戦成績を見ると対戦相手の実力の波が激しいですね。

80%と高いKO率ですが、あまり参考にはならなそうです。

ただし、田口選手とは僅差の判定で引き分け、昨年田口選手に挑戦したロベルト・バレラには判定勝ちを収めるなど、ここ一番での勝負強さが光っています。

(※画像はBoxRecから引用)

小西 伶弥選手のコメント

「100%の状態に仕上げた。必ず勝ちます」(サンスポ)

カルロス・カニサレス選手のコメント

「特にない。よく練習しているようだが、勝つのは自分だ」
「勝って再戦のチャンスを小西にあげたい」(デイリースポーツ)

小西 伶弥選手の過去試合動画

[2017年12月26日] 直近の試合(日本ミニマム級タイトルマッチ) vs 松井謙太 戦

カルロス・カニサレス選手の過去試合動画

[2016年12月31日] 初の世界挑戦(WBA世界ライト・フライ級タイトルマッチ) vs 田口良一 戦

[2018年3月18日]WBO世界ミニマム級タイトルマッチ 山中 竜也 vs モイセス・カレロス 詳細情報(試合結果&試合後のコメント追記)

2018年3月18日(日)、WBO世界ミニマム級タイトルマッチ 山中 竜也(真正) vs モイセス・カレロス(メキシコ)の試合が行われます。 会場はポートピアホール(日本、兵庫県神戸市)。 この試合の ...

こちらの記事も読まれています


-注目の試合, 試合後のコメント
-

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.