ダッキング


ボクシングの4大基本防御術の一つ(ほかブロッキング、ローリング、クリンチ)。

顔面へのストレートやフックを回避する際に行う。

スリッピングに似ているが、足や腰で上体をかがめるようにして相手のパンチをかわす。

また、ボディへのストレートやリバー・ブロー(肝臓打ち)などの攻撃につなげる場合にも用いられることがある。

ただし、アマチュアボクシングだと上体を前に倒すと反則になってしまう。

転じて、強い相手との試合を避ける選手のことを「あいつはダックした」などと言う。

現在のルールではベルトラインより低くかがむことは反則となる。

英語:ducking



あ行

アウトサイド・ポジション アウトボクサー アウト・ボクシング アップライト・スタイル

インファイト

オーソドックス・スタイル

か行

ガード ガード・ポジション カウンターパンチ カウンター・アタック カバーリング・アップ(カバー・アップ)

クラウチング・スタイル クリンチ クロス クロス・カウンター

コークシュリュー・パンチ コンビネーション

さ行

サークリング サウスポー・スタイル

ジャブ ショートパンチ ショートレンジ

スイッチ ステップ・ワーク スパーリング

た行

ダッキング

チェック・フック

ドローイング・バック

は行

ハギング バッグ・グローブ パリーング

ピーカブー・ディフェンス ヒット・アンド・アウェイ

ファイター フェイント フォロー・スルー フック フットワーク ブロッキング

ベタ足

ホールディング ボクサー・ファイター ボビング ボブ・アンド・ウィーブ ボロ・パンチ

ま行

ミドル・レンジ

ら行

リードブロー

ロング・レンジ

わ行

ワン・ツー

その他のカテゴリー

ボクシング用語辞典(50音順)目次へ



こちらの記事も読まれています


-

Copyright© Boxing アンテナ , 2020 All Rights Reserved.