Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

エイトカウント・システム


プロの試合ではレフェリーは選手がダウンした際に、立ち上がってきたとしてもカウント8まで数えなければならない。
8カウントを数える間、レフェリーは選手が試合続行可能かを判断する。
日本では、8までに立ち上がらなければ、そのまま10までカウントされてKO負けとなる。
コンパルソリー・エイト・カウント(compulsory eight count)とも言われる。

英語:mandatory eight count



ボクシング用語辞典(50音順)目次へ



こちらの記事も読まれています


-

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.