セコンド


試合中、インターバルの間にコーナーに戻ってきた選手に作戦を授けたり、汗を拭いたり、傷の手当てなどをするといった重要な存在。
また、選手の状態が危険な場合、棄権の意思を表明して(テクニカルノックアウト)試合を終了させる権限がある。
プロボクシングの試合では、セコンドとして起用される人間(スタッフ)は三名迄、アマチュアボクシングの試合では、二名迄とされている。
そのうち、チーフ(主任)を務めるスタッフ一名のみがリングの中に入ることが出来る。
セコンドとして試合に関わるにはセコンドライセンスが必要だが、トレーナーライセンス保持者は別に取得しなくてもよい。

英語:second



あ行

アグレッシブ アンディスピューテッド

インスペクター インターバル

エイトカウント・システム エキシビジョン

か行

カウント カウント・アウト カット・マン

棄権(RTD) キドニーパンチ キャッチウェイト キャリア

クイーンズベリー・ルール グラス・ジョー クリーンヒット グリーンボーイ

計量 減点(ポイント・ディダクション)

ゴー・トゥー・ザ・スコアカード コーナー コミッショナー ゴング コンテンダー

さ行

ジャッジ

スタンディング・エイト・カウント スプリット・デシジョン(SD) スリップ・ダウン

セコンド

た行

タイム・キーパー ダウン ダンシング

チーフ・セコンド 注意(コーション) チン

テクニカル・ノックアウト

ドロー

な行

ナンバー・ワン・コンテンダー

ニュートラル・コーナー

ノー・コンテスト(NC) ノックアウト ノックダウン ノックダウン・タイムキーパー

は行

ハード・パンチャー バイシクル パウンド・フォー・パウンド パッシブ・ディフェンス

ファール(反則) フィクスト・ファイト フラッシュ・ノックダウン ブレイク プロモーター

ベア・ナックル

ホームタウン・デシジョン ポイント

ま行

マジョリティ―・ドロー(MD) マジョリティー・ディシジョン マッチメーカー マネージャー

ミスマッチ

メモリアル・テン・カウント

や行

ユナニマス・ディシジョン(UD)

ら行

ライセンス ラウンド・マスト・システム ランキング

リング・ジェネラルシップ

レフェリー

わ行

ワンサイド

その他のカテゴリー

ボクシング用語辞典(50音順)目次へ



こちらの記事も読まれています


-

Copyright© Boxing アンテナ , 2020 All Rights Reserved.