Boxing アンテナ

最新ボクシングニュースのアンテナサイト

DAZN - ボクシング【2019年4月の配信予定】S・ソールンビサイ vs F・エストラーダ、D・ローマン vs TJ・ドヘニー

p4p20180313

前回更新時(2017年12月1日)からの順位変動

↑17位 ムラット・ガシェフ(Murat Gassiev/Russiaロシア)

2月にユニエル・ドルティコスCubaキューバ)とのIBF・WBAスーパーのクルーザー級2団体統一を果たし、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)の決勝へと進んだロシアのムラット・ガシェフが大幅にランキングを上げ17位となっています。

ガシェフは、5月11日に現WBC・WBO王者のオルランド・ウシクUkraineウクライナ)とのWBSS決勝戦でクルーザー級4団体統一戦が予定されています。

↑30位 田口良一(Japanワタナベ)

フィリピンのミラン・メリンドとのWBA・IBF統一戦に勝利し、統一王者になるとともにWBAライト・フライ級タイトル7度目の防衛を果たした田口良一選手(ワタナベ)が30位にランクインしています。

田口選手は次戦、南アフリカのヘッキー・バトラーと防衛戦が噂されています。

↑42位 比嘉大吾(Japan白井・具志堅スポーツ)

2月4日にWBCフライ級タイトル2度目の防衛と15連続KO勝利で沖縄凱旋を果たした比嘉大吾選手が42位にランクインしています。

大一番を乗り越えた比嘉選手ですが、早くも4月15日にニカラグアのクリストファー・ロサレスとの3度目の防衛戦が予定されています。

ロサレスはこれまでダウン経験なし、リー・セルビーの弟でイギリスのフライ級のホープであるアンドリュー・セルビーからダウンを奪うなど、決して楽な相手ではありません。

この試合に比嘉選手が勝てば、今後Superflyシリーズへの出場もぐっと近づきます。

Superflyシリーズでフィリピンのドニー・ニエテスや、Superfly2でブライアン・ビロリアに対し、一方的な勝利を収めたアゼルバイジャンのアーテム・ダラキアンとの試合に勝利すれば、更なるランキングアップが期待できそうです。

↑44位 ビリー・ジョー・サンダース(Billy Joe Saunders/GreatBritainイギリス)

カナダのハードパンチャーデビッド・レミューに何もさせずに完勝し、WBOミドル級タイトルを防衛したビリー・ジョー・サンダースが44位にランクインしています。

サンダースは4月14日にマーティン・マレーとの4度目の防衛戦が予定されています。

↑46位 ヘルウィン・アンカハス(Jerwin Ancajas/Philippinesフィリピン)

メキシコのイスラエル・ゴンザレスをKOで下し、4度目の防衛戦に快勝したフィリピンのヘルウィン・アンカハスが46位にランクインしています。

アンカハスは4月14日に同郷・同年代のジョナス・スルタンと5度目の防衛戦が予定されています。

前回のランキング:WBN発表のパウンド・フォー・パウンドTOP50[2017-12-01]

こちらの記事も読まれています


 

更新日:

Copyright© Boxing アンテナ , 2019 All Rights Reserved.